映画ドラえもん のび太の新魔界大冒険 7人の魔法使い [DVD]

  • 104人登録
  • 3.35評価
    • (6)
    • (17)
    • (24)
    • (6)
    • (2)
  • 19レビュー
監督 : 寺本幸代 
出演 : 水田わさび  大原めぐみ  木村昴  関智一  かかずゆみ 
制作 : 藤子・F・不二雄  mihimaru GT  真保裕一 
  • ポニーキャニオン (2007年12月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988013393646

映画ドラえもん のび太の新魔界大冒険 7人の魔法使い [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 子供の頃一度観ましたが、息子と何十年ぶりに。敵の強さといい、冒頭の石の謎といい、一度やられた後の挽回といい、今でも十分見応えがありました。ただ、ラスボスの向こう脛が無防備というのは、逆に隠すと怪しまれるからってところですかねぇ。

  • リメイク版は映像が綺麗になってました☆でも個人的には旧作のほうがドロドロとした暗くて怖い雰囲気があって面白かったです。また、今みたいに芸能人を声優に起用していないという点でも昔のほうが良かった気がしますね。ちゃんとしたプロの声優さんの声のほうが私は好き。でもストーリーは相変わらず面白かったです。旧作にはないエピソードとかもあってよかった♪

  • 「」


    ある日、のび太(声:大原めぐみ)は、「もしもボックス」で魔法の世界を作ってしまった。そこには元の世界と同じく、しずかちゃん、ジャイアン、スネ夫らがいた。しかし、魔法を使うにも学校の勉強が必要で、がっかりするのび太。
    やがてその世界の中で、ドラえもん(声:水田わさび)とのび太たちは、魔法を自在に操る美夜子(声:相武紗季)と、父の満月牧師に出会う。牧師の説では、魔界星が接近し、地球侵略を企てていると言う。怖くなったのび太は、元の世界に戻ろうとするが、ママに「もしもボックス」を捨てられてしまい、帰れなくなる。その間にも、魔界星はどんどん接近してきている。
    やがて一行は自分たちが地球を守る「七人の伝説の勇者」だったと知り、美夜子と共に魔界星に乗り込むことになる。

  • おもしろかった☆
    こうなると昔のオリジナルの方ももう一度観たくなる◎

  • 少しだけ観た 背景が美しい

  • 石像が汗をかいたり、夜中に移動しているシーンはなかなか不気味だったが、それらの謎が終盤に明らかになるという構成は、スッキリしてよかった。
    シリーズ共通だが、ワクワクする冒険か繰り広げられてたのしめた。

  • 子供の頃、親に映画館に連れられて鑑賞した作品。おおむね旧作を踏襲しつつ、オリジナル要素を追加しており、なかなか楽しめる内容だった。

  • 子供の頃毎年楽しみにしていて親に連れてって貰った大長編ドラえもん
    今は息子を連れてく立場に

    旧シリーズでは一番好きなシリーズでした

  • 木が歩く草原でハイエナに囲まれるとこ好きだったから無くなってて残念。

  • リメイク作品だが、オリジナルより現代ぽくて好きだ。
    子供向けだしメデューサのところはもう少しハッピーな形にしてほしかったかな

全19件中 1 - 10件を表示

映画ドラえもん のび太の新魔界大冒険 7人の魔法使い [DVD]はこんな映画です

外部サイトの商品情報・レビュー

映画ドラえもん のび太の新魔界大冒険 7人の魔法使い [DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

映画ドラえもん のび太の新魔界大冒険 7人の魔法使い [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ツイートする