SP エスピー 警視庁警備部警護課第四係 DVD-BOX

  • 362人登録
  • 4.19評価
    • (99)
    • (62)
    • (53)
    • (1)
    • (1)
  • 67レビュー
監督 : 総監督/本広克行、原案・脚本/金城一紀 
出演 : 岡田准一  堤真一  真木よう子 
  • エイベックス・ピクチャーズ (2008年7月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988064268139

SP エスピー 警視庁警備部警護課第四係 DVD-BOXの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ふむふむ。金城さん原作・脚本。
    野望篇、革命篇を観てトータルで判断しよう。

  • Episode II-3(第4話)が神回。清掃業者を装った4人組の殺し屋「リバプールクリーニング」が死ぬほど格好いい。4人の名前や登場するお店の名前が「The Beatles」に因んだネーミングだったりして、それはもう隠れ暗殺マニアとしては冒頭からエンディングまで萌え続けておりました。リンゴとポールの絡みが好き。いつかまたこの4人を軸にしたSP続編があれば将来はそのDVDを抱えて棺桶で眠りたい。それくらい好き。

  • アクションだけのドラマと舐めて
    観てなかったが、友達のおすすめで借りてみた。

    面白い・・・!!
    しかも思ってた以上にアクションも面白いし。
    そもそもストーリーも面白いし。
    岡田くんかっこいいし堤真一は最高にシブいし。

    うむ。毎日が楽しいです。ありがとうございます。

  • 制作年:2007年
    監 督:本広克行
    主 演:岡田准一、堤真一、真木よう子
    時 間:全11話+SP
    音 声:日:ドルビーステレオ


    21世紀はテロの世紀と目されており、日本の安全神話も大いに脅かされている。
    国内外のテロリストの暗躍、そして政治的思想を持たない愉快犯でさえネットでいとも簡単に知識を手に入れ、テロを実行できる時代になりつつある。
    国内外のVIPを警護するSPが担う役割も、多様かつ重要なものになり、身をていして要人を護る“動く壁としての盾”に加え、“動く壁に生まれた盲点”を事前に見つけ出し、不測の事態を予防する警護課員が実験的に増員された。
    その新しい任務のために配属されたのは、井上薫。
    実は井上薫は特殊な能力を持つ、まったく新しいタイプのSPだった。
    生え抜きの課員たちにその能力を疑問の目で見られながらも、井上薫はテロとの闘いに果敢に挑んでいく。

  • アクションがかっこいい!
    岡田くんのかっこいいアクション、堤真一の渋い演技が見れたので満足。

  • アクションよし

  • 岡田くんがただただかっこいいです(笑)
    銃じゃなくて、文房具とか医療用品で敵をこっそりしっかり倒していくのがすきです

  • 伴侶が「SPなめてた」って言ってました。

  • 岡田くん好きで観てたなー。真木さんもかっこいいし面白かったんだけど、最後で結末は映画で、ってのがもう最悪。ドラマはドラマとして完結させろよ、って思った。

  • 年末年始に一気に観ました。面白いっ!

全67件中 1 - 10件を表示

SP エスピー 警視庁警備部警護課第四係 DVD-BOXに関連する談話室の質問

外部サイトの商品情報・レビュー

SP エスピー 警視庁警備部警護課第四係 DVD-BOXを本棚に「観たい」で登録しているひと

SP エスピー 警視庁警備部警護課第四係 DVD-BOXを本棚に「観終わった」で登録しているひと

SP エスピー 警視庁警備部警護課第四係 DVD-BOXを本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする