追われる夜の獣

  • 35人登録
  • 3.16評価
    • (1)
    • (4)
    • (11)
    • (3)
    • (0)
  • 8レビュー
アーティスト : イメージ・アルバム  野島健児  黒田崇矢  高橋広樹 
  • インターコミュニケーションズ (2008年7月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・音楽
  • / ISBN・EAN: 4523513825091

追われる夜の獣の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 原作未読。

    色気をまとったアヤシイ香りのする実業家・脇坂に黒田さんの声がとても合っていました!
    腹の内が見えない独特の空気が出ていてとてもよかったです。

    お相手の水原は野島健児さん。
    真面目でちょっと堅めの職業役はさすがの安定感です。

    相手に惹かれていくかがCDではよくわからず、都合よく進んでしまった印象なので、置いて行かれて終わってしまいました…。
    水原の同僚・桜田(高橋広樹さん)の役割も半端な印象でした。
    なんだかもったいなかったです。

    出演声優さんの素敵な声は堪能できます。
    特に黒田さんの妖しげな低音はオススメです。

  • (脇坂鴻志) 黒田崇矢×野島健児 (水原聖史)

  • 原作遠野春日 原作既読

    限りなくヤクザに近い男を黒田さんが好演。
    野島さんの芯がある美人ももちろん素敵でした。

  • 刑事だからか、巻きこまれ体質の水原を狩る・絡め取る脇坂が鬼畜ではなく影で守るボディガードのようで、ある意味安心して聴ける一作。ノジケンさんの喘ぎは押しつけがましい暑苦しさがなくていい!!

  • 黒田xノジ ノジが美人(?BLでよくあるよね…)刑事。奴隷として競売にかけられちゃったり、割とトンデモ設定だった。最後も駆け足な感じで、話としてはあんまり…

  • 特典付

  • 原作: 遠野春日  イラスト: やまねあやの
    キャスト: (脇坂鴻志) 黒田崇矢×野島健児 (水原聖史)/ 高橋広樹 (桜田高広) ほか
    発売日: 2008年7月25日   3,150円
    収録時間: 76分27秒  トークなし
    初回特典: 15分09秒 野島さん、黒田さん、高橋さんフリートークCD
    発売元: インターコミュニケーションズ INCD-2509 / プランタン出版プラチナ文庫刊
    内容:
    刑事の聖史は潜入捜査中に捕われ、奴隷として競りにかけられる。2000万円で落札したのは、黒い噂の絶えない実業家・脇坂。職務質問に訪れた際、聖史は一目で彼に魅了され、惹かれる気持ちを抑えきれずにいた。しかし「ちゃんと舐めてやる。おまえも気持ちよくなるといい」許しを請うても蜜に濡れたものを弄ばれ、穿たれた塊を喰い締めて屈辱のまま乱れてしまう。このままではすまさない、そう決意する聖史だったが…魅せられて奪われる―美しい獲物を追いつめる、悦楽の罠。

    本編フリトなし。特典フリト司会野島さん黒田さん高橋さんで「初対決」「そばキャス」15分強


    あらすじから感じるほどエロくない。シリアスで大人な雰囲気の作品。
    受けと攻めが交互にモノローグしてくれるので、分かりやすいが、恋愛の駆け引きの面白さに欠ける気がした。

    これ聴いて黒田さん好きになりました!(←龍が如くの人ですよ!)もっとBL出てほしいです。
    フリトで野島さんもいってますが、最初のHシーンでの攻めがすごく紳士的でした。あれ?攻めは傲慢なキャラだと思ってたんだがww
    野島はツンデレ美人刑事。高橋は野島に片想いしてる同僚、だけど鈍感なので最後まで気付いてもらえない可哀想なキャラ。

    初回特典のフリートークCDわろた。黒田さん飛ばしてるw役と全然違うww
    フリートークに★5つ!

全8件中 1 - 8件を表示

追われる夜の獣はこんな音楽です

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする