働きマン DVD-BOX

  • 85人登録
  • 3.54評価
    • (4)
    • (16)
    • (19)
    • (2)
    • (0)
  • 12レビュー
出演 : 菅野美穂  速水もこみち  平山あや  佐田真由美  吉沢悠 
  • VAP,INC(VAP)(D) (2008年10月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988021139427

働きマン DVD-BOXの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 働くこと、生きることを色々考えてしまい、頭の中でグルグル…それを超えたくて、手に取った作品。

    菅野美穂氏が好きなこともあり…うん、やはり可愛い。
    そして、年代的にも悩みの中身的にも、作品が今の自分にはピッタリ。

    あと数年は、夢や目標を持って、悩んだり躓きながら、泥臭く生きていきたい。
    はー、そんな星のもとに生まれたことをそろそろ自覚せねばならぬ?笑

  • 限度はあれど、社畜、ブラックと叫ぶ人程、能動的でない。

  • 原作にかなりアレンジは加えてあるが、わかりやすくドラマらしいアレンジで良いと思う。

    たとえば後をつけられて怖いから来て欲しいという弘子に
    明日出張だからと答えるよりも
    もう出張先だけど車で今から行けばなんとか、
    と答えるドラマの方が納得がいく。

    ひたすら我慢するよりも、現場にいってしまう弘子の方が
    ちょっと可愛い女っぽいところが出ていて良い。

    新二の辛さが、男として負けているからという辛さに置き換わっているが
    この辺りもわかりやすくて良いのではと思う。

    原作やアニメとは違うが、ドラマはドラマで良い、という作りで個人的には好き。
    キャスティングもあっていたと思う。
    特にやっぱり菅野美穂さんの弘子は、仕事ができそうで
    仕事に行きているし、女も捨てているけれど
    やっぱり女の子でキュートな感じがとても良かった。

  • 働く女性の姿を描く安野モヨコのコミックを、菅野美穂主演で映像化した日本テレビ系ドラマ・シリーズ。大手出版社で週刊誌の編集をしている28歳の女性・松方弘子は、時として寝食を忘れるほど凄まじく仕事するが……。

  • 漫画原作を実写化した数少ない成功例。
    とはいえ、バトルシーン等のアクションシーンがある訳でもないので、むしろ実写化に向いていた作品とも言えます。

    内容は主人公・松方弘子の、私生活を犠牲にしても、精神的に追い詰められても、仕事第一に行動するという姿を描いたもの。
    まぁ真似出来るものではないかな…と。

    よかったらチェックしてみて下さいな♪

  • 菅野美穂のドラマはハズレがない。
    同年代なら激しく共感してたわ。

  • 漫画は未読でドラマしか見ていません。仕事を通じて成長するのはもちろんなんですが、主人公が仕事をがんばりすぎて見てるこっちもつらくなります。ただ、本当はしたいことがあるのに目の前のことをやらなきゃいけないだとか、だれにどう思われようと自分が仕事に誇りを持っていればいいなど、刺さる言葉はありました。

  • 2007年の作品 
    仕事観が,明確に打ち出される 物語。
    バブルが崩壊し 失われた20年と言われる中で
    このような、仕事に猪突猛進する女子を描いているのが面白い。
    ちょっと,時代が ずれているような気もする。
    菅野美穂が 確実に輝いていた 作品。
    顔芸ができる菅野美穂。
    すました顔、かわいい顔、やる気モードの顔
    と壊れた顔 様々な顔をやり抜く。
    私の好きな女優さんだ。

    仕事とはなにか?を考える。
    仕事と恋愛を両立できない 不器用なオンナ菅野美穂。
    大きな橋をつくりたいと願って、建設会社にはいったのだが。
    現実はそう甘くないと知る 新二。

    カメラに向かって本音を言う。
    それが、妙に斬新である。

    あらすじ

    1 恋愛より仕事…なんてカッコイイ話じゃない!! 女の働きマン
    外務大臣の取材の中で 秘書(夏木マリ)に会う。
    秘書から 極秘データをもらうが。
    秘書は 実は 外務大臣の愛人を20年近くしていたのだった。
    大臣が 新しい愛人をつくったので,
    その裏切りに対する 復讐だった。
    仕事&オトコスイッチのはいる 菅野美穂。

    2 女の敵はオンナ!? お姫さマン
    釈由美子 かわいいとだけ思っていたが 努力家だった。
    菅野美穂 薄っぺらいことに飛びつくと思われていた。
    野球選手の取材に食い込む 菅野美穂。
    結婚式はどうする に動揺する菅野美穂。

    3 いつか勝負をかけるぞマン
    新人田中(速水もこみち)が ガセネタをつかまされて 張り切る話。
    新人をしかって仕事させるのは,困難と感じ始めた時期。
    そう仕事は 甘くないよ。
    ファッション誌で働きたい もこみち。
    希望通りには行かないが、がむしゃらにがんばる側面をみせ
    リスキーと言われるようになる。

    4 憧れと涙…振り向きマン!! 振り向きマン
    小説 54 が誕生するまで。
    オヤジが きゅんとときめく時。
    自分が 好きな作家の編集者になりたいのだが。

    5 仕事に誇りを持てますか? 張り込みマン
    津田寛治がいい味出している。
    ゴシップ記事に,全力を挙げる。

    6 ついに…恋と仕事の危機!! あやまりマン
    占いを 人はなぜ信じるだろう。
    ところが、占いは あたってしまうのだった。
    新二の悩みをベースに マンション事情に対しての企画を提出。
    ところが、菅野美穂は オーバーワーク。
    風邪でダウンして 新二との約束を果たせなくなる。

    7 別れ…それでも仕事はある
    自宅が 泥棒に遭う。
    新二は 営業部に配属され 失意の最中。
    接待の最中に 電話があって、駆けつける新二。
    当然 接待した相手からは ことわられる。
    営業が 辛いなんて ほんとは。
    つきあうって しんどい話なのだ。
    働くことに意欲を見せる菅野美穂。それがまぶしい新二。
    すきになるっていうことも 辛いのだ。

    8 どん底…失恋って大変だ!! 根に持ちマン
    失恋の薬は 仕事だと思う 菅野美穂。
    がんばるが 空回りする。
    津田寛治に言われる
    『心で、隙間埋めるって、甘すぎるよ。』

    恋が原動力だったのだ。といわれる。

    9 仕事に愛情を持てますか? 報われマン
    本をつくる。思いいれすぎては、ダメだ。
    しかし、感動を呼ぶものは、呼ぶのだ。

    10 父の思い…私はきっと頑張れる!!
    あまり、りっぱな仕事をしていないね。
    と父親にいわれる。
    お父さん見たいになりたくない。
    と、娘はいう。

    最終話 29歳の誕生日…恋か仕事か決断の時!!

  • 信二と、ヒロが28の私には現実的すぎて響いた。私ここまで仕事に打ち込めてないからもっと頑張らなきゃって励みになりました。

  • 面白かった

全12件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

働きマン DVD-BOXを本棚に「観たい」で登録しているひと

働きマン DVD-BOXを本棚に「いま見ている」で登録しているひと

働きマン DVD-BOXを本棚に「観終わった」で登録しているひと

働きマン DVD-BOXを本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする