哀愁 [DVD]

  • 42人登録
  • 3.64評価
    • (5)
    • (6)
    • (9)
    • (2)
    • (0)
  • 8レビュー
監督 : マーヴィン・ルロイ 
出演 : ヴィヴィアン・リー  ヴァージニア・フィールド  ロバート・テイラー 
  • ワーナー・ホーム・ビデオ (2009年2月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988135712042

哀愁 [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 1940年に公開されたMervyn LeRoy監督、Robert Taylor、Vivien Leigh主演の米国映画。戦時中のイギリスを舞台にした陸軍将校と踊り子の悲恋を描いた作品です。本当に幸せな2人が戦争によって引き離され、運命のいたずらにより狂ってしまった歯車がもとに戻ることはなく、最後は悲しい選択をしてしまう。本当にやるせない気持ちになります。ヒロインのマイラを演じるヴィヴィアン・リーがため息が出るほど美しいです。本作は、1930年にブロードウェイで初演された舞台劇及び1931年に映画化された作品のリメイクです。Waterloo Bridgeを数寄屋橋に変更し、日本でリメイクした作品が1953年に日本で制作された「君の名は」です。あと、ビリケン人形って大阪オリジナルかと思っていたのですが、海外から輸入されたものだったのは初めて知りました。

  • 請求記号:88K163(館内視聴のみ)
    所蔵資料はレーザーディスク

  • 2007年 視聴

  • すごく悲しいお話。
    出逢ったばかりの二人がすごく幸せそうなので、結末の悲しさが余計に際立ってくる。

    恋愛もののハッピーエンドは、個人的にあまり好きではないんだけど、この二人には是非幸せになって欲しかったなぁ~。

    ちなみに375が一番テンションあがったのは、ビリケンさんが登場した時。

    (1940年 アメリカ)

  • 悲恋、メロドラマといえばこれ。身を落とした後のヴィヴィアンの美しさが特に印象的。高貴さは簡単になくならない。

  • 5歳の時、この映画に出会って以来ずっとウォータールー橋を訪れるって決めてた。
    自分の出発点て言っていいこの映画。
    ロイが雨の中立っていてマイラが慌てて支度するシーンが一番好き☆
    斜め帽子好きもトレンチコート好きもロンドン好きもこれの影響。

  • ヴィヴィアンとロバートテイラーの美男美女ぶりにうっとり。
    悲恋映画の傑作。
    ウォータールーブリッジ。

  • ヴィヴィアン・リー&ロバート・テイラーが奏でる、戦争で引き裂かれた男女の悲恋物語が涙を誘う不朽のラブ・ロマンス!

全8件中 1 - 8件を表示

哀愁 [DVD]に関連する談話室の質問

外部サイトの商品情報・レビュー

哀愁 [DVD]を本棚に「いま見ている」で登録しているひと

ツイートする