ブロークバック・マウンテン [DVD]

  • 453人登録
  • 3.84評価
    • (71)
    • (72)
    • (70)
    • (18)
    • (1)
  • 84レビュー
監督 : アン・リー 
出演 : ヒース・レジャー  ジェイク・ギレンホール  アン・ハサウェイ  ミシェル・ウィリアムズ 
  • ジェネオン エンタテインメント (2009年7月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988102687434

ブロークバック・マウンテン [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 昨年、ライフオブパイがアカデミー賞を獲得したアン・リー監督。
    その初観賞とする作品としてこの作品を選んだ。

    杓子定規に言ってしまえば「ある同性の愛の形」が描かれていたとなるのだろう。
    ただ、この作品はホモセクシャルを真面目に描きました・・・じゃ言葉足らずで
    惹かれあうふたりの人間、それがたまたま同性だったことで生じた悲哀。
    自分の業の深さに耐え、表現として誠に矛盾するのだが
    肉体関係はあってもプラトニックな愛のカタチという気がする。
    それが心に響く作品となったのではないだろうか。

    ここでは同性の愛の定義が性の倒錯ではなく
    友情を通わせ、更に深い心の奥底まで通い合うふたりだと
    その先にある世界・・・なのだと。

    主人公の二人の男性が互いに妻を持ち、子供をもうけて
    あたりまえの幸せを求めつつも
    開花させてしまった友情の先のステージで
    深く心を通わせ、性別を超え、異性以上の存在として
    認識してしまった愛情のカタチ…。

    それにしてもジャックと夫イニスがキスをしているのを見てしまった奥さん。
    彼女の衝撃といったら無かっただろう。
    言うにいえない、でも心に推しとどめておく何てことも到底無理。
    子供を抱え、最愛の夫のまさかの姿を垣間見たアルマ。
    ・・・胸が痛む。


    基本的に彼らの気持ちを理解することは出来る。
    割としっかり理解できると感じたことが少々怖い気もしたが
    もちろんそれは頭の中では、ですがね。

    見ているときから、見終わった今でも
    何か心に重たい空気が立ちこめた感じが続いている。
    心を持ってしまった生き物の悲しいカルマなのだろうか。

    アンリー監督の豪腕を見た気がした。
    描き方のさじ加減ひとつで下世話なものにもなってしまうだろうに
    人間のどうしようもない心の叫びとして描かれているのには感動しました。

    主人公のヒース・レジャーのこの後の栄光と悲痛な最後を知りつつ見たので
    より胸に迫るものがあった。

  • なんだよ…シャツのくだり…切ないじゃないか…(´;ω;`)
    ああしていたジャックの想いやら、「もっと一緒にいればよかった」「恐れずに二人で牧場をやればよかった」とかきっと後悔してしまっただろうインスの想いやら、悲しみと後悔が入り混じった感情って涙腺に来る。
    俗的な現実社会にうんざりしていたことを抜きにしても、あの山でのひと時は永遠だったんだねぇ…

    あと、
    羊さんたちのおしりが超キュート。
    ジャックさんの視線のエロさ半端ない。
    若い時から40まで、役者に違和感なく見れたのがすごい。

  • 最高オブ最高!
    でも切ない…

  • 請求記号:09D069 (館内視聴のみ)

  • ブロークバックマウンテンという山の懐で羊を守る仕事を共にするうち、同性どうしながら、友情以上の感情が芽生える2人。季節労働の羊の仕事を終え、それぞれの人生を歩みながら、数年後に再会する。1人の人に出会った事で、人生がどう動いていくのかを描いている。

  • トントン拍子というか、コマ送り的な展開すぎるのが少し残念ではあるものの、ストーリーは悪くないのでは。

  • 【あらすじ】
    ブロークバック山の羊放牧季節労働者として出会った20歳のイニス(炊事担当)とジャック(見張り担当)。イニスは婚約者がいるが、幼い頃から現在まで貧しく口数も少ない。一方ジャックは同じく辛い過去を持ち貧しいが明るくイニスに話しかける。過酷な大自然で労働に励むうち、ジャックが豆缶詰に飽きたと言えばイニスが密かに別の食料を頼んだり、ジャックが見張りがきつくなったと言えばイニスが代わってやったりと地味な交流を深め口数も増え、ある日つい致してしまう。それは保守的な時代・場所で許されない罪だった。

    【以下ネタばれあらすじ】
    目撃した牧場主は2人を解雇→各々の人生へ。数年後、ジャックが手紙を出し、年に数回の逢瀬復活→嫁に目撃されイニスは離縁されたが逢瀬は20年にも及んだ。一緒に牧場をと誘われるが、幼い頃惨殺されたゲイの男を見たイニスにとっては耐え難い罪に踏み切れない。ある日イニスが出した手紙が相手死亡のため戻ってくる。事故死ということだがイニスは殺されたのだと推定。ジャック実家にはあの山で失くした自分のシャツが大事にしてあった。イニスは娘の結婚を期に、自分の罪、そしてジャックと向き合う決意をする。

    観ているときはそうでもなかったのですが後からじわじわと考えさせられる話でした。時代や環境、そして無学で貧しい故に「男らしくあらねば」とする主人公が悲しすぎる。

    そんな悲しいときは素顔のジェイク酔っ払い画像を見ると不思議とハッピーに!
    http://abcdane.net/archives/200603/jake_bakagazou.html

    ※2006年3月-2011年1月までやってたブログより転載

  • ゲイの映画。苦しい。苦しい。苦しい。美しい。
    ダークナイトでジョーカーを怪演したヒース・レジャーが真逆の朴訥な青年を演じている点にも注目。

  • 泣けるゲイ映画として観るには時期を逸した感がある。ゲイでも女よりマシ、とかそういう救いようもない話にさえ見えるかもしれない。

  • 二人がすれ違い続けたのは、同性だからじゃない。
    変にセンセーショナルにせず、淡々と愛を描いていたのが良かった。

全84件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ブロークバック・マウンテン [DVD]に関連する談話室の質問

外部サイトの商品情報・レビュー

ブロークバック・マウンテン [DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

ブロークバック・マウンテン [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ツイートする