暗闇の果てで君を待つ(通常版) 特典 キャラクターインタビューCD付き

  • 27人登録
  • 4.07評価
    • (7)
    • (3)
    • (2)
    • (2)
    • (0)
  • 8レビュー
  • D3PUBLISHER (2009年10月22日発売)
  • Nintendo DS
  • Amazon.co.jp ・ゲーム
  • / ISBN・EAN: 4963688400479

暗闇の果てで君を待つ(通常版) 特典 キャラクターインタビューCD付きの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 周回プレイしないと全ての真相が見えないところが面白かった!桜葉くんイイv

  • 5年前に発売された世にも稀なサバイバル・サスペンス恋愛ゲームです。めっちゃハマりました。廃校に閉じ込められたヒロインと5人の男子生徒、1人の教師が犯人の恐怖に怯えながら脱出を図ります。怖いです。怖がりなんです。恋愛どころじゃないです。でも、怖いのは苦手、という人にも是非やってほしい。

    色々ツッコミどころはあると思いますが、この斬新すぎるシチュエーションと展開は全ての乙女ゲーユーザーに体験してほしい……!

    ヒロインは、この子がいないとみんなダメなのでは?と思わせるしっかり者。オススメの攻略順は〔秋山/穂波→葵/風野→高坂→桜葉〕です。泣きながらプレイすることになるかもよ……? 私はあるルートで怖くて泣いた。

  • 密室のサクリファイススレでなかなか好評価だったので気になってるゲーム
    サスペンスと乙女ゲーの融合らしいので、どんな展開をするのか気になる~

  • 脱出ゲーと乙女ゲーの融合…ってことでかなり
    楽しめた♪ 脱出ゲーに慣れてる人にはサクサク
    解けるかと。ヒントも多めだし。

    先生ルート、乙女ゲー的にあれはどうなの?とは思ったw
    (ある意味新鮮で楽しいんだけどw)クイックセーブ&ロードが
    便利でコンプもしやすい!気になるのはスチルによって
    顔が全然違って見えるのが残念だな、と。

  • 乙女ゲとしては画期的な推理サスペンス。
    ラストが唐突だったり、1回クリアしてしまうと、謎解き部分が作業的になってしまったりと不満要素も多々ありますが、面白かったです。
    1ルート好き嫌いが分かれそうなルートがあるので、購入予定の方はレビューを良く確認されてからにしたほうが良さそうです。

  • ・サイトのキャラ紹介を見たときは「ちょっと…?」と思ったけど一枚絵とか悪くないかも。
    ・音声が割れてるw DSだから仕方ないけど…。
    ・パートナーを選ぶところまでの時点では、結構面白い。キャラも立ってる(恋愛ゲーでは超重要)し、脱出などの作業はお遣いゲーぽいけれど薄い読みゲーよりはずっと楽しい。先の展開に期待。

    …というわけで

    ●一周目は生徒会長。
    ・ちょっと天然入ってて思ってたより好きかも。しかしその髪は切れ!(笑)
    ・オフィシャルサイトの紹介用の台詞はシビアに見えるけど、本編ではそうでもなかった。
    ・しかしなんだか不穏な台詞がちらりとあったような。(後ほど納得)
    ・あっという間に好感度(?)満杯にww 1ルート短いのかな?
    ・…ねえ、このおっさん口説けないの? 口説けないの?(多分無理)
    ・後半になればなる程お遣いゲー要素が強くなるな。
    ・憤怒と嫉妬を犠牲にしてしまいましたorz 粘り強く探せば助けられたんだろうか…。つ、次こそは助けるからね…!(ノд-。)
    ・女性向けなせいか、死者云々の表現がうやむやになってる。…物足りないけど仕方ないか。
    ・主人公の影がたまに薄い件w たまに会話に混ざったかと思ったら、結構キャラが立ってて漢前。イイ!(いいのか)
    ・そして乙女ゲーなのに、野郎同士がやたらいちゃいちゃしている件ww
    ・主人公に関する話題の時、みんなの台詞がたまに不自然になる。最初は名前を呼ばせる形で書いてたのに後から修正したとかでこんな事に?(と勝手に想像)
    ・ああ犯人、先天性か…。
    ・面白かった。大罪の一つをそれぞれに当てはめることでちゃんとキャラも立ってるし、エンディングまでの成長っぷりもちゃんとテーマがあって綺麗にまとまってる。
    ・犠牲者を出しても先に進める辺り、ふと雨格子を思い出したりした。
    ・…ん、あれ? …浜田賢二さんがキャストにいる(笑)。でもキャラ名書くとそれだけでネタバレになる気がww ていうか喋ったところ見てないし。

    ●二周目は幼なじみ。
    ・コツが分かってきたのでさくさく進める。
    ・同じ罠が繰り返されるので、二周目以降は更にお遣いをしている感が強い。でもまだ許容範囲内かな。
    ・しかし幼なじみ可愛い。今時の子ぽい喋り&シスコン(笑)。反応がいちいち初々しい。和む。
    ・中の人がさりげなくら抜き言葉を1カ所直してた(笑)。
    ・今回は全員救出! …でも一周目で幼なじみの救出方法を見つけてない(苦笑)。何か見落としてる?
    ・あれ。幼なじみ用のアイテム、今回は拾えた…。(一周目の時は「これかなー」と思ったけど拾えなかった…ん…あれれ?)
    ・しかしノーマルエンドって。ノーマルエンドって。もしかして特定ルートをクリアしないとトゥルー行けないとかそういう制限か?(不明)
    ・終盤をやり直してトゥルーED。あの怒濤の流れの隙間にアイテムを探しに行かないといかんとは。
    ・生徒会長の時より糖度高かった気がする。将来はパン屋のおよめさーーん!

    ●三周目は教師。
    ・そろそろ大人キャラ。
    ・ところでオッサンは攻略できませんかそうですか。そうですよね。
    ・教師相手だと漢前主人公がそこはかとなくしおらしく見える(笑)。同世代の男子では太刀打ち出来ないという事ですね、わかります。
    ・そろそろ同じお遣いが辛くなってきた(笑)。
    ・無事にトゥルーED。
    ・これ、CERO・B(12歳以上)って絶対嘘だろ! エロ過ぎるよさすが色欲担当(笑)。…っていうか色んな意味でこれ18禁でいいよね。

    ●四周目は体力馬鹿。
    ・無口ではないが口下手、大柄、体力&怪力馬鹿、例えるなら大型犬。尻尾ぱたぱた。
    ・なんだ。私御用達キャラか(納得)。
    ・やってる間何度もこう呟いた。「何この可愛いイキモノ」。人間扱いしてないしw
    ・このキャラ固定アイテムの使いどころは分かりやすかった気がする。
    ・ちょww相討ちwwww
    ・今回も問題なくトゥルーED。

    ●五周目はブロガー。
    ・…じゃなくて他校生。もしくは年下。でもブロガーって呼んでやる(笑)。
    ・教師と同じくらいおいしいキャラだなー。
    ・というか中の人うまくね? なかなか細やかで好みだ(演技が)。
    ・都合のいい時だけ年上扱いしやがって(笑)。
    ・このルートはシナリオもよく作り込まれてる印象。なかなか楽しい。
    ・今回もトゥルー。幼なじみがちょっと特殊なのかな。

    ●六周目は金髪テニス。
    ・見かけに反してなんとヘビィな。流石にこのトラウマの原因は予想できなかった。
    ・まだブレーカーボックス開けてないのにグラフィックでは開いちゃってたり。(テキストはちゃんと閉まったままになってる)
    ・まだおっさんに会ってないのに話題に上ったり。
    ・このルートに限ってフラグ管理がぐだぐだ…。もったいない。
    ・色々あったけどトゥルーエンドー。


    ●まとめ
    ・一般のミステリ、脱出系のゲームをやった事ある人には難易度はぬるめ。しかし乙女ゲーという事で、そういうのに不慣れなライトユーザーがついていけないと意味が無いのでこの程度でいいのかも。
    ・仲間救出に関しては助けられなくても先に進める。
    ・エンディングで助けた相手から一言ずつあるのも雨格子を思い出す。
    ・全員(犯人、脇役含む)魅力的で好きになれた。
    ・フラグ管理の甘さがちらほら見えたが許容範囲。愛着で目をつぶれる程度。
    ・タッチペンでコマンドボタンをダブルクリックしないといけない部分があったのが若干もたついた。ここがなければ気持ちよくサクサク進められたかも。

全8件中 1 - 8件を表示

暗闇の果てで君を待つ(通常版) 特典 キャラクターインタビューCD付きはこんなゲームです

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする