東福門院和子の涙 (講談社文庫) [Kindle]

  • 11人登録
  • 3.67評価
    • (1)
    • (2)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 宮尾登美子
  • 講談社 (1996年9月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (530ページ)

東福門院和子の涙 (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 徳川秀忠の娘で、公武合体のために皇室に嫁いだ和子(まさこ) の物語。少女時代から仕え、皇室輿入れにも付き従った侍女の回想。和子は、実子が後に女性天皇である明正天皇となり、国母となる。華やかな経歴だが、武家の娘が皇室で生きるのがいかに大変なものかが語られる。公武合体と言えば、幕末期のみではなかったと知った。幸福とは言えないだろうが、出来る限りの事をして居場所を持ち、生涯を全うした女性がここにも居た事を知ることができた。

全1件中 1 - 1件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

東福門院和子の涙 (講談社文庫)はこんな電子書籍です

東福門院和子の涙 (講談社文庫)の文庫

東福門院和子の涙 (講談社文庫)の単行本

ツイートする