ピアニストの脳を科学する 超絶技巧のメカニズム [Kindle]

  • 20人登録
  • 3.60評価
    • (1)
    • (1)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 古屋晋一
  • 春秋社 (2012年1月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ピアニストの脳を科学する 超絶技巧のメカニズムの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • お友だちのウクレレ弾き、かどさんにご紹介いただいた本。
    音楽・聴覚と脳科学について身体全体の筋肉の動かし方や脳の働き方から解説されています。
    「何故ピアニストの指はあれほど複雑な動きができるのか?」「何故数十曲、数百曲の曲を暗譜できるのか?」といった疑問への答えとして、脳の神経細胞のはたらきを説明しています。
    その他、演奏家の故障についてなど、ピアノ弾きに限らず、楽器を演奏する人におすすめしたい、良書。

  • ピアニストが演奏するときに「どう考えて、認識して演奏しているか?」が前半部分。
    後半部分は、現代の向上した科学を駆使して、演奏の技術を掘り下げていく。

    ちょっと遠ざかってたピアノをまた練習しようと思った。

全2件中 1 - 2件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ピアニストの脳を科学する 超絶技巧のメカニズムを本棚に「読みたい」で登録しているひと

ピアニストの脳を科学する 超絶技巧のメカニズムを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ピアニストの脳を科学する 超絶技巧のメカニズムを本棚に「積読」で登録しているひと

ピアニストの脳を科学する 超絶技巧のメカニズムはこんな電子書籍です

ピアニストの脳を科学する 超絶技巧のメカニズムの単行本(ソフトカバー)

ツイートする