バチカン奇跡調査官 天使と悪魔のゲーム (角川ホラー文庫) [Kindle]

  • 16人登録
  • 3.71評価
    • (0)
    • (5)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 藤木稟
  • KADOKAWA / 角川書店 (2013年1月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (174ページ)

バチカン奇跡調査官 天使と悪魔のゲーム (角川ホラー文庫)の感想・レビュー・書評

  • アニメ化すると聞いたので再読。というより物語の本筋の確認。

    このシリーズのキャラクター達は血の繋がりのある人間との縁が薄い。
    子供の頃に死に別れたり元々いなかったり。生きてても生き別れ状態だったり愛してなかったり愛されてなかったり。
    そういう人が神父やシスターになるものなのかなー?なんて思ってみたり。

  • バチカン調査官シリーズ第七弾はさくっと読める短編集。
    キャラクターたちが出会う前のストーリー。
    平賀とローレンの天使と悪魔のゲームが五目並べの変化版だったのね(笑)
    過酷なロベルトの環境を変えた二人の人物には脱帽。

  • シリーズの背景が描かれた短編集。
    登場人物それぞれがの過去が明かされる。

全3件中 1 - 3件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

バチカン奇跡調査官 天使と悪魔のゲーム (角川ホラー文庫)はこんな電子書籍です

バチカン奇跡調査官 天使と悪魔のゲーム (角川ホラー文庫)の文庫

ツイートする