Sports Graphic Number (スポーツ・グラフィック ナンバー) 2013年 4/4号 [雑誌]

  • 25人登録
  • 3.73評価
    • (2)
    • (5)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
  • 5レビュー
  • 文藝春秋 (2013年3月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・雑誌
  • / ISBN・EAN: 4910268510431

Sports Graphic Number (スポーツ・グラフィック ナンバー) 2013年 4/4号 [雑誌]の感想・レビュー・書評

  • なつかしの90年代。10代丸ごと90年代な自分にとっては、懐かしさしか出てこないです。
    とはいえ、リアルタイムで見たものは流石に少ない。

    だからこそ、リアルタイムで見ることのできた記憶というのは、色あせないのでしょう。

    しかし、ヤクルトについて触れられてないな。自分の90年代スポーツを彩ったのは、ヤクルト・スワローズなんだけど。
    なので、星4つ。

    90年代。徐々に、歴史となりつつある時代の記憶。でも、鮮やかに呼び起こせる時代の記憶。
    この10年代というタイミングでの、追憶の90年代特集。

    やられたね。

  • 野茂、中田、伊達、ジョーダン。

  • 読み終わりたくなかった。同世代は必読やね。

  • 90年代自分にとっては、高校、大学、そして社会人になって転職も経験した




    まさに子どもから大人へと変遷した日々。




    そんな中に今と同じようにあったのがやっぱりスポーツ観戦。




    野球からサッカーへ自分の興味が完全にシフトした時期でもあります。




    2000年以降はすっごく早く感じますが




    この90年代は今でもゆっくり自分の中でも流れています。




    90年代、スポーツで一番の思い出は




    「ジョホールバルの歓喜」




    今回の記事の中にもありましが、NHKの山本さんのアナウンスにしびれたのを

    覚えています。



    「このピッチの上、円陣を組んで、




    今、散った日本代表は、




    私たちにとっては『彼ら』ではありません。




    これは、私たちそのものです」










    就職して1年目で、本当に苦しんでいた頃。




    この歓喜の出来事に勇気をもらいました。




    あんなに勝って、喜ぶこと吠えまくることがあるんだろうか・・・・と




    ふと感じた38歳です。

  • ジョーダンの表紙に一目惚れ。
    W杯初出場、セナ、野茂、イチロー、ジョーダン、、、なつかしの90年代プレーバック。

全5件中 1 - 5件を表示
ツイートする