009 RE:CYBORG 通常版 [Blu-ray]

  • 62人登録
  • 3.08評価
    • (2)
    • (7)
    • (20)
    • (8)
    • (0)
  • 14レビュー
監督 : 神山健治 
出演 : 宮野 真守  小野 大輔  斎藤 千和  大川 透  丹沢 晃之 
  • バップ (2013年5月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988021712637

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

009 RE:CYBORG 通常版 [Blu-ray]の感想・レビュー・書評

  • 手塚治虫、石ノ森章太郎、ともに哲学を込めた作品があったと思い出させる。

    サイボーグ009も魅力的なキャラクターが活躍する話に注目を集めがちだが、テーマは神と対比させつつ人の可能性を信じる平和への祈りだと思っている。

    本作品もそうなのかと。

    絵柄は好き嫌いがあるけど、まーよかったかな。
    フランソワーズが大人の魅力を振りまきすぎていたがいいw
    ストーリーは・・・サイボーグ009の原作を知らない人は辛かったんじゃないかと。
    サイボーグ009の世界観とか高コンテキストの共有が必要な話で、知らないとストーリーが飛び飛びで進んでいってしまって脳内補完できないと思う。

    さらに、ひさびさのサイボーグ009シリーズに期待したのは、00ナンバー全員の活躍だった。
    それがなくて少し残念。
    個人的には009、003、002の好きな3人が活躍したからある程度満足でしたけど。

    サイボーグ009が好きで原作を知っている私は楽しめました。

  • キャラクターを新しいデザインにするのは何だか新鮮だった。(デザインが良いか悪いかは別にして)
    あまり活躍しないキャラクターが居るなんて勿体なさすぎる。ストーリーも分かり辛く、映画1本として評価するなら駄作。
    本等で保管すればまた見方も変わってくるんだろうけど…。ちょっと退屈だった。

    それにしても、最近本等で補完するような作品が多くてうんざりしつつある。

  • サイボーグ009という「ガワ」を着せただけの粗悪品。

    人はなぜ生きるのか、どう生きるのか、そしてその根底に流れる愛。
    扱っているテーマだけは原作に沿っているとは思うが、中身が全く伴わず、逆に原作のイメージを悪い意味で壊すだけだった。
    キャラも、デザインは別に良いと思うが、性格が+αどころか改悪と言っていいようなレベルのキャラが…。

    アニメーションはそこそこ頑張っているのでプラマイで★3。
    しかしアクションシーンの魅せ方はイマイチ。加速装置以外のシーンは面白味に欠ける。009以外のかっこいいアクションがもっと欲しかった。
    そもそも008なんて何もしてない。作中に何分登場しただろうか?登場する必要も無いくらい。
    「彼の声」「彼の声」でのんべんだらりと進行した印象で、山場が山場になってない。

    話自体はそこまで難しくはしていないし、オチは別にあれでいいと思うし、超常現象ってのは009っぽいと思う。ただそこに至るまで何もかもがパッとしない。

    009を原案に作るなら、いっそのことキャラも名前から性格から一新して、せめて能力だけ同じにして、009ともっと切り離すべきだったと思う。それこそパラレルワールドとして。

  • 全員かっこよすぎ!!
    原作しっかり読みたい



    「人類一人一人が不完全であるが故に
    予期しない驚きと新しい発見、そして無限の可能性を秘めている
    だからこそ素晴らしいんだっ!!」

  • WOWOWにて。HDアニメーションの最先端。空中戦バトルの映像美や音響はすさまじい。ただ原作が古い作品なのでファン以外はキャラクターの名前や能力もわからず???状態だろう。シナリオも哲学的宗教的でむずかしい

  • 普通に面白かったんだけど、原作をまったく知らないので登場人物の背景がよくわからないまま…。勉強しまーす。

  • 絵は現代風で良かったのだけど、内容が…薄いというのか。
    なんかよくわかんないし、結局、個々次第みたいな終わりでスッキリしない…。
    欲いえば…全員の活躍も観たかったな…。そんだけ?!って、キャラいて残念…。

  • キャラクターは現代風。ストーリーは、途中からどうでもよくなった。

  • 前半までは面白かったんだけどなー。キャラもかっこいいし、映像も綺麗だったのはいいけど、いかんせんストーリーが。。。
    最後とか解釈の仕方によって評価が、とかいうレベルじゃない気がする。

  • キャラクターは今風にアレンジされ、作画もリッチでビジュアル面は見応えがあったのだけど、ストーリーというかテーマの掘り下げが薄っぺら。特に終盤に台詞で説明しちゃってるあたりが残念。

  • あんまり期待してなかったけど、ストーリーも映像も結構楽しめました。原作への尊敬も現れていると感じる。

  • アクションが迫力あり。
    ストーリーはよくわからないところあり。

  • 画は綺麗だけど、009が一同に集まって活躍はしないのね。
    最初随分大人な感じで良かったんだけど、最後はかなり感傷的に終わったのがビックリ。
    東のエデンは見てないのであれなのだけど、攻殻の頃の神山さんから考えると、「?」な気持ちになった。
    「新たな時代の正義とは?」と予告で問いてたわりには、その物語は正義に関係あるのかな?

全14件中 1 - 14件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

009 RE:CYBORG 通常版 [Blu-ray]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

009 RE:CYBORG 通常版 [Blu-ray]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

009 RE:CYBORG 通常版 [Blu-ray]はこんな映画です

ツイートする