世界にひとつのプレイブック Blu-rayコレクターズ・エディション

  • 154人登録
  • 3.49評価
    • (6)
    • (35)
    • (36)
    • (6)
    • (0)
  • 28レビュー
監督 : デビッド・O・ラッセル 
出演 : ブラッドリー・クーパー  ジェニファー・ローレンス  ロバート・デ・ニーロ  ジャッキー・ウィーヴァー  クリス・タッカー 
  • 東宝 (2013年8月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988104077295

世界にひとつのプレイブック Blu-rayコレクターズ・エディションの感想・レビュー・書評

  • 先日「アメリカン・ハッスル」を観たので。
    去年、塚口でも話題になってたので、観ておけばよかったと後悔しつつも、だんなさんとこのタイミングで一緒に観れたのでそれはそれでよかったかも。

    アメリカン・ハッスル以来、ジェニファーローレンスが気になって仕方がないが、なるほど、これを観てさらに納得。個人的にはブラッドリークーパーも男前。
    あのキレる感じの演技は、両作品でも輝いてる(苦笑)

    全然気づいてなかったんだけど、あれ、クリスタッカーだったのか!だんなさんと思わず「ラッシュアワー」が観たくなる、そんな年代。
    なにげにデ・ニーロやし。大物。

    洋画ではどうしても信仰がベースになることが多いけど、この作品はフットボールによってアメリカをうまく表現していて、観ていてもその文化や思想が受け入れやすかった。登場人物の描き方の旨さは、アメリカンハッスルで確認済みだけど、o・ラッセル監督の作品の作り方がどうやら好きみたいです。

    全然違うんだけど、ふと、昔見た「フル・モンティ」を思い出してみたり。

    アメリカン・ハッスルがあんまりおもしろかったから、☆☆☆☆★だったけど、やっぱり☆☆☆☆☆
    最後、やっぱりほろっとしちゃったしね。

  • ストーリー展開が節目ごとにツボを抑えていて夢中で見れた。おおまかにはストーリーを予測できるのだけれども、細かなところで裏切ってくれるところが良かった。映像は過剰に目を惹くこともなく、ストーリーを活かすように撮られていた。キャスティングも良かった。

  • いまいち分からない世界観で最初とっても退屈。
    精神内科に入院していた浮気された男と夫に先立たれた女。
    感動作ではない。思考を刺激もされない。←(私はね。)
    ただ時事的に、「依存症」とは自分がそうであると認めなければ前に進めない。ということが言いたいのかと。

  • 程度の差こそあれ出てくる人がみんなちょっとおかしいのでハラハラしつつ、でもきっとハッピーエンドだろうなと安心して観られる映画だった。メンタルやられそうになったらやっぱり運動ですか、とか。

    もっとダンスの練習シーンが見たかったかな。ステファニーの野太い罵り声がよかった。

  • 妻の浮気をきっかけに心にトラブルを抱えているパトリックと、夫の突然の死をきっかけとして同じく心を患っているティファニーが出会い、話の流れでダンスコンテストに出場することになり、あれやこれやの出来事を通じて互いに互いの境遇に対する批判と無理解を経てから今度はお互いの理解に至り、互いを支え合い愛し合うパートナーとなる。

    よく考えるとちょっと偶然の都合に任せ過ぎなお話だし、よくよく考えるとこれは
    Shall We Dance
    にちょっと似ているのではないかという気もするが、ダイアログはオシャレだし、久しぶりに観たロバートデニーロは楽しそうに演じているし、主演の二人がとりわけ魅力的で、特にジェニファー・ローレンスは手放しに美しくて可愛らしい。

    出ている俳優がみんな魅力的で観ていて幸せになれる映画であった。

  • 2012年公開
    監督 : デヴィッド・O・ラッセル

    恋人との過去が原因で心の病を抱えた男女が、ダンスを通じて自分を取り戻していくお話。

    クレイジーな始まり方を見せるも、物語はどんどんすてきな方向へ。そんな日常と非日常が、地続きであって、ふとしたことでどちら側にも、誰だって転がる可能性があることが感じられて、そこは少し怖くもあり、だからこそあきらめずに生きることの光がすがすがしい映画でした。

  • テンポ悪くて途中飽きちゃった。ちょっと長い。パットとティファニーは仕方ないにしても、まともな人が1人もいない…みんな自己中に見えてしまう。無茶な賭けも最後勝つだろうな…って分かってしまうし。

  • ジェニファー・ローレンスがやっぱすごい。内容自体は取り立てて何かがあるわけでは特にないけど、(むしろところどころ退屈)安定感があって、どっしり構えてテレテレ観れる感じだった。

  • これを観たとき、自分の心情とすごく重なってて
    過去って過去に受けた傷ってなかなかうまく立ち直れない。

    あたしもすごく、引きずってる部分がある。

    だけどさ、囚われすぎて囚われすぎてると
    いま、目の前にある大事なものまでぜんぶ失っちゃうんだ。
    いつもいつもあたしたちは前に進んでいってるんだもの。

    「過去にとらわれてて、ごめん」ってあたしも言ってほしい。

  • 期待してなったが良かった。

  • 妻に浮気されて精神不安定になった男が、
    ダンスを学んだり、新たなパートナーと出会うことで再起していく話。
    ジャケットの写真がほほえましくて気になっていた作品。

    精神不安定なのは、浮気されたブラッドリー・クーパーだけでなく、
    「誰とでも寝ていた」ジャニファー・ローレンスも、
    実はふつうかと思っていたお父さんのロバート・デ・ニーロも
    みんなだった。デ・ニーロの演技はすごい。

    何はともあれ、ジェニファー・ローレンスの谷間が気になって仕方がない!!!
    深遠なるなにかを感じます。

  • 妻の浮気が原因で心のバランスをさらに崩したパット。
    8ヶ月の入院生活のち、実家で両親と暮らしながらゴミ袋をかぶってジョギングをし、浮気した妻に想いを募らせる日々。
    そんな時出会ったのが、近所に住むティファニー。
    彼女も事故で夫を亡くし、心に傷を抱えていた。
    ティファニーは立ち直るためにダンスコンテストへの出場を決意、パットと共に出場することに・・・。


    ちょっと色々盛り込みすぎ感も否めないけれど、
    ティファニーが最後会場から逃げ出した時、その繊細な心に少し泣けた。

    デ・ニーロ、久しぶりに見た。


    ティファニーは言う。
    「尻軽だったのは昔よ。でもそれが今の私を作ったの。過去を含めて自分が好きよ。アナタに同じことが言える?」

    「変態行為は経験なくても、話しを聞くのは好きよね?
    あんたは人生を楽しむのが怖いのよ」

  • 精神的に参っていた男女が、ダンスを通じて触れ合って復活するストーリー。なのかしら。

    主人公のブラッドリー・クーパーも、ジェニファー・ローレンスもかなりぶっ飛んでいる。
    ロバート・デ・ニーロ演じる父親の存在感がデカすぎて、恋愛モノなのかファミリー愛モノなのかよくわからなくなってしまったかなぁ。
    最後は、まぁこうなるんだろうなー、という納得の形で終わった。めでたしめでたし。

  • 女優さんが良かったなあ。
    最初、みんなエキセントリックでちょっとついていけなかったけど、最後はぽろりと涙が…。

  • あらすじとか予告を観るとすごく面白そうなんだけど実際観るとふつーな感じだった。前半が退屈。後半は良い。

  • 盛り込みすぎ。
    家族愛か、成長譚か。
    もっと絞り込んだら、おもしろかったかも。

  • みんな上手い。何がいいって説明できないけど面白かった。

  • 普遍的な感じだが良かった
    面白かった

  • ワタシが見ながら思ったことを時系列で並べると、
    「つらい、つらい、つらい、ましになってきた、おもしろい、よかった。…いや、待てよ?」
    です。

  • 元妻に執着し続ける躁鬱症患者のパットと、奇矯な行動のめだつティファニー、どちらも精神的に不安定なふたりの、ちょっと奇妙なラブストーリーだ。
    基本的には、ふたりがダンスの練習を通して心を通い合わせていくというストーリーだけれども、パットの両親や、妻の尻に敷かれているビジネスマンの友人、精神病院の友人にインド系の精神科医など、周囲の人たちとの絶妙な会話にこそ味がある。特にパットの両親役のデニーロとジャッキー・ウィーバーはハマリ役だ。この親父、賭けごとにはのめりこみすぎてるわ、それを家族の絆問題にしちゃうわと、はっきりいってかなりアブナイのだが、きわどいところで物語を違う方向へ転がしていくダイナミズムのある脚本が、ほんとにうまいなあと思う。
    ようやく5点とっただけなのにみんなで大興奮してるシーンには大笑いしました。

  • 2時間の中身が薄い。見終わった後思い出しても何があったのかあんまり思い出せないレベル。
    主演二人の演技はいろんな賞にノミネートも納得の演技で、見ていて不安に駆られる。

  • 冒頭ではどうしようもなかった主人公の2人が、終盤では一番まともに見える不思議w 結局真っ直ぐ過ぎたが為に心を病んでしまったってことなんでしょうね。
    序盤は観てて、心が重くなるシーンが続くけど、中盤辺りから王道的な流れになり、ラストはキレイに着地!
    あとキスしそうでしない流れに悶々w

  • 前半のすぐキレてしまう場面とか、周囲もやっぱりちょっとヘンなところとかは、私の苦手なところ。最後はまあ、こうなるよね、だけどかわいく終わり。デニーロのヘンさは悪くない。ジェニファー・ローレンスがかわいくて、一生懸命でいい。周囲が結構温かくて、その辺はいいかな。

  • 心に傷を負った二人がダンスを通して自分と家族を見つめ直して、再生していくいいお話。ちょっと問題抱えた父ちゃんを演じるデニーロがいい味だしてます。

  • 妻の浮気を目撃したパットは心を病んで入院。
    退院して実家で暮らすパットは妻のニッキーとよりを戻そうとするが、警察から警告を受けてしまう。
    そんな時パットが出会った女性ティファニーも夫を亡くし心に傷を負っていた。
    二人はダンス大会に出て、人生を取り戻そうと決意する。

    予告編 http://t.co/4CzUvFxTtA

    良かった!もう一回見たい。
    最後は号泣しそうになったのを抑えるのが大変だった。

全28件中 1 - 25件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

世界にひとつのプレイブック Blu-rayコレクターズ・エディションを本棚に「観たい」で登録しているひと

世界にひとつのプレイブック Blu-rayコレクターズ・エディションを本棚に「観終わった」で登録しているひと

世界にひとつのプレイブック Blu-rayコレクターズ・エディションはこんな映画です

ツイートする