アニウッド大通り 1: アニメ監督一家物語 [Kindle]

  • 43人登録
  • 3.47評価
    • (2)
    • (5)
    • (6)
    • (2)
    • (0)
  • 8レビュー
著者 : 記伊孝
  • 記伊孝 (2014年1月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (158ページ)

アニウッド大通り 1: アニメ監督一家物語の感想・レビュー・書評

  • Kindle Unlimitedより。

    昭和の日本を舞台に、アニメーション監督を父に持つ少年と純粋な家族の物語。

    1巻は懐かしさだけを感じ、マンガの面白さはそんなに感じなかった。
    回顧録的なマンガかなっと。
    しかし2巻を読み終えたとき、続きが読みたくなるマンガになっていました.....(つづく)

  • Kindleセールで購入。アニメ監督である父と、その影響を受けてクリエイティブな方向へと才覚を現す息子娘の物語、かな。昨今の『アオイホノオ』や『SHIROBAKO』を思わせるようなカルチャーシーンとしてニヤリとさせられる箇所もありながら、親子ものとして期待できるのでは。とりあえずこの親父さんは良い。

  • 何というか、非常に完成度の高い漫画です。

    いわゆるほのぼの系、懐古系のジャンルの漫画ですが、「アニメ愛」という背骨がしっかりしてるのでオタク属性が全く無い人には厳しいかもしれません。

    しかし身近に創作活動をしていた人間が居た自分としては、えらくリアリティと「夢」に溢れた話でした。

    文章や絵、漫画など、創作活動を少しでも志した事のある人にはぜひ一読してほしい漫画です。

  • アニメ映画監督を父に持つ少年とその家族の物語。80年代の団地を舞台に、一話完結型のほっこりする話。悪い人がいないので読みやすくて面白かったです。登場人物のキャラが立っていて魅力的ですし、細かいところまで(オタク的な)描き込みが満載なのもいいです。『80年代オタクたちの「三丁目の夕日」』という宣伝文句になるほどと思いながら、純粋にこの世界を楽しみました。おまけマンガの、アニメ界の巨匠の授業を受ける話の続きも気になりますし、次も読みたい。

  • アニメ監督がお父さん、という設定で、メインは子供目線。ファミリー物?いい感じです。
    この先どこへ行くのかなー。

  • ニコニコ静画で連載中のコミック。
    そちらで無料で読めるけども、書き下ろしが読みたくて有料版も購入。
    続きが楽しみです。

  • 無料キャンペーンにて

    誤字がちょこちょこ。
    美幸さんがかわいい。

全8件中 1 - 8件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

アニウッド大通り 1: アニメ監督一家物語を本棚に「読みたい」で登録しているひと

アニウッド大通り 1: アニメ監督一家物語を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

アニウッド大通り 1: アニメ監督一家物語を本棚に「積読」で登録しているひと

アニウッド大通り 1: アニメ監督一家物語はこんな電子書籍です

ツイートする