珍夜特急2―パキスタン・イラン・トルコ― [Kindle]

  • 65人登録
  • 3.87評価
    • (5)
    • (18)
    • (7)
    • (1)
    • (0)
  • 9レビュー
  • クロサワ レタリング (2013年7月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (193ページ)

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
デイル ドーテン
有効な右矢印 無効な右矢印

珍夜特急2―パキスタン・イラン・トルコ―の感想・レビュー・書評

  • パキスタン、イラン、トルコとイスラム圏でのバイク旅になる。
    この巻では、ドイツ人カップルとのバイク旅になるのだが、カップルも個性ある良い人なので、とても楽しめた。
    日本にいるだけではわからない、地域住民の特性がわかります。

  • ・5/8 読了.中東もインドパキスタン同様酷いところなのね.でもまだインドほど人を出し抜こうとしないみたいで、自分の家に泊めてくれる人が多いのには驚いた.余程日常に変化や刺激がないのかもしれない.

  • まあ旅の様子は興味深い。それだけだけど読み続けてる。車両についてはカルネだかでわかったけど、免許はどうしてんの国際免許そんなに期限長くないよ?

  • ノッチ、シルビアのカップルとのライド。トルコなどのお国柄が手に取るように見えて大変におもしろい。

    kindle unlimitedにて。

  • 珍夜特急 2冊目。インドを抜け、パキスタンに入ったコータローは、ノッチとシルビアに再会。珍夜特急第2巻は彼ら 3人の旅路を綴ることとなる。ノッチから野営やバイク・メンテナンスを教わりながら、徐々に逞しく成長していくコータローと、天真爛漫な(コータローによれば単に「はしたない」)シルビアのかけあいも面白く、弥次喜多さながらの旅路はイランを抜け、トルコに到達。ここで、時はコソボ紛争の真っ只中。動乱を避けてフェリーでイタリア半島に向かうというノッチ、シルビアと、あくまで陸路による欧州到達を目指すコータローはトルコで二人と別れ、地中海を目指す。

  • 一人旅の話が原則かと勝手に思ってたんんですが、行き当たりで出会った異国の人達と旅をするのも楽しそう!
    遂にヨーロッパに入りそう!な次も楽しみ。

  • ハマってます、毎日一巻ペース。www

  • 愛車のバイクを持ち込んでの、インド~ポルトガル間ユーラシア大陸横断紀。バイク乗りなら心躍ること間違いなし。出会い、現地の空気感、バイクならではのトラブルなど見どころ満載。

全9件中 1 - 9件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

珍夜特急2―パキスタン・イラン・トルコ―を本棚に登録しているひと

珍夜特急2―パキスタン・イラン・トルコ―を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

珍夜特急2―パキスタン・イラン・トルコ―を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

珍夜特急2―パキスタン・イラン・トルコ―を本棚に「積読」で登録しているひと

珍夜特急2―パキスタン・イラン・トルコ―はこんな電子書籍です

ツイートする