暗いところで待ち合わせ [Kindle]

  • 393人登録
  • 4.00評価
    • (25)
    • (41)
    • (16)
    • (3)
    • (1)
  • 25レビュー
著者 : 乙一
  • 幻冬舎 (2013年8月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (66ページ)

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

暗いところで待ち合わせの感想・レビュー・書評

  • 中盤が面白く読めた。でも最後の感じが読みすすめるのがちょっと大変で飽きがきてしまった。

    登場人物たちがゆっくり人間関係を育む乙一特有の作風はとてもすきで、この作品にもそれが現れていたと思った。

  • 殺人者として追われるアキヒロがひとり暮らしの盲目のミチルの部屋に侵入したあたりから引き込まれる。バレないように身を隠してるが目が見えない分他の感覚が鋭いのですぐに他人がいることにミチルは気づく。でも世間からのけ者にされてきたふたりだからこそ相手の存在を気遣えるのよね。最後のアキヒロのミチルにかける言葉が心に響く。君を元気づけたい。でもその方法がわからないんだ・・・・。飾ってない不器用な言葉の方がストレートだ。

  • 表紙から怖そうな雰囲気が漂っていたので、しばらく積ん読していましたw

    しかし、序盤から予測不能な展開に夢中になり、二日で読み終えました。
    視覚障害の女の子、殺人容疑をかけられた男性。二人の視点が交互に描かれます。
    伏線の回収が相変わらずお見事!

    あとがきがゆるいので、本編とのギャップも楽しめます。
    あとがきの乙一さんをもっと読みたい方は、「小生物語」も読んでみるとよいと思います。

  • 3/17
    途中までミステリーだと思わなかったが、最後の方のミステリーの流れはすき。

    電車で嫌いな同僚を突き落とした男が、目の見えない女性の家に忍び込む話。途中で2人は存在に気付き徐々に近づいていくが…実は。

  • 表紙と内容のギャップに驚いた作品。読みやすかったが途中で犯人が誰なのか気づいてしまった。ミステリーというよりは不器用に生きる人間の弱さ歯がゆさが描かれていた。もう少しページのボリュームがあってもよかったのかな…少し物足りなかった。

  • 私もまみんさんと同じでアイドルがラジオでおすすめしていたのがきっかけで読み始めました。
    以前乙一さんの本を読んだ時は表現が苦手で最後まで読むことができなかった気がするのですが、この本はとても読みやすく、まんまと騙されてしまいました( ¨̮ )
    話自体は穏やかとは言えないかもしれませんがどこか温かい話だと感じられました。
    また冬に読み返したい本です。

  • ラジオで某アイドルが紹介していたので読んでみました。
    背表紙のあらすじを読んでいなかったので、後半までは、アキヒロが犯人なのかと思っていました・・・。
    ミチルも最初は男性かと思っていました。
    アキヒロもミチルも自分に通じるところがあり(人との関わりが煩わしく思うところなど)、終始共感しながら読んでいました。
    子どものときは昼寝しているうちに外が真っ暗になって、不意をつかれたようで怖かったっていう部分も、懐かしい気持ちで読んでいました。
    あと最後辺りで、本物の犯人が分かった瞬間は怖かったです。
    今までのものがすべて繋がった感じです。
    ミステリー要素も少し含んでいて、そういうつもりで読んでいなかったので新鮮でした。
    また何年後かに読んでみたい作品です。

  • 視覚障害を患い、わずかな光しか見えなくなったミチルの家に、電車への突き落とし殺人容疑者アキヒロが入り込み、無言の同居がはじまる。結婚、出産といった未来の可能性を閉ざされたミチルの考えは、視力はあるものの同じく未来が閉じている、ぼく達の心と少しも変わらない。共感できる登場人物が手を取り合い、しずかに未来へ踏み出して行く。暗闇の中、閉じた世界の作品を読んでいるぼくが、逆に暗闇の世界から手を振って主人公達を見送ったような気がした。

  • あたたかいお話

  • 人と触れ合うことに価値がないとおもっている殺人容疑の人と、視覚障害者となり家に閉じこもってしまった少女。
    2人はなんらかの接点が沢山あるのでわないかと読んでて感じ取れた。

    殺人容疑の人が家に入り込み息を潜みながら過ごしていき、それに少しずつ気づいていく少女。少しずつ二人の間が縮まっていくのが文章で伝わっていき読んでいてすごくいい気持ちになった。
    最後には殺人容疑が晴れた人が少女を元気づけたい。支えてあげたいって思いが伝わってくる素晴らしい話だなっておもった。

  • アキヒロの周囲の人間となじめない描写には、共感の連続でチビりそうになりました。

    久しぶりの乙一さん小説、楽しかったです!

  • 本のジャケットは息すら殺し、隠れているシーンのように見えるが、逆さにして見て欲しい、実は鼻くそをほじるシーンにも見える。
    私だけなのであろうか。まさに THEミステリー
    とても面白かったです。

    障害に対す想いを改めて考えさせられました。
    目が不自由な人に手を添えてあげるだけでどれだけ安心できるのか。

    しかし手を添えてあげたい反面、棒を持っているのにわざわざ手を差し伸べるのも迷惑なのかなとも思う。詳しい人、教えてください。

  • 視覚障害を持った女性の家に、警察に追われる青年が逃げ込んで…。という話なのですが、ミチルとアキヒロの心が通い合っていく様子が好きでした。最後は、思いもよらぬ展開だったのですが、ハッピーエンドでよかった。

  • 見えない二人のやりとり。なんだか胸が温かくなった。けど、やはりそこは乙一さん。どこかに気味悪さを忍ばせてくる。

  • 怖い話かと思いきや…。
    思わぬ真実に驚いた。人は人との繋がり無しでは生きて行けない。
    『見えること』の良さ、『見えないこと』の怖さを超えた世界が在る。

  • 視覚障害をもつ女性とそこに逃げ込んだ
    指名手配中の犯人のはなし。
    中盤まで話がなかなか動かないのが
    ちょっとイライラした(笑)
    けど会話をしなくても空間を共有
    するだけでお互いがじょじょに打ち解け
    あっていく様子がほっこりしました。
    二人が初めて会話するところは
    ほんとによかった。初めてなのに
    すごい違和感なかった。
    だから終盤もっと二人の会話を楽しみ
    たかったんだけども。それが物足りなかった

  • 目の見えない女性の家に不法侵入した、殺人容疑のかかった男とその女性のお話。

    男と女のそれぞれの立場から描かれている。

    設定が面白かったし、乙一を一冊も読んでなかったので読んでみた。

    初めの方は、あまり面白さを感じられず、まあ、暇つぶしになればいいやくらいにしか思わなかったが、真ん中辺りで話に少し展開が有り、面白くなってきた。

    最後は期待通りで、ほんのり感があった。

    内容的にはミステリーなのかもしれないけど、ミステリーの名を借りた恋愛小説と言った方があってる感じかな。

  • 辛いがあったかい。
    2人のそんな人間関係を応援したくなる。
    末永くお幸せに暮らしてほしい。

  • 久しぶりにグロじゃない乙一作品を読了。
    盲目の少女宅に、気づかれないように居座る殺人容疑をかけられた男。暗闇とか盲目、殺人事件のキーワードが散りばめられているけど、どこかしら軽いタッチのストーリー展開。後半は乙一得意のミステリー展開で最後は納得の完結。
    アキヒロの最後の言葉が胸に残る作品でした。

  • 本書の題は何を意味しているのだろうか。内容からは理解できなかったし、題の文章の感じさせる軽い感じの内奥ではなく、重々しい。
    それにしても、この人の想像力と描写力は素晴らしいと思う。非日常的な内容にこれだけのリアリティを与えられるというのは素晴らしい。ミステリーとしても質は高いと思う。

  • 立場の違う者の行き着いた恋ですか?
    ほんわかしました。

  • 他人との交流が上手くいかず孤立してしまった二人が互いを思いやり行動に移していくことで、勇気を持ち社会復帰していく話。登場人物の心理描写が丁寧で最後まで読むとすっきり終わる。ミチルの考えに腹立って途中で読むの止めてしまう人はいそうだけど。乙一さん作品好きな人なら読み切れるかと。

  • 初めて買った、乙一さんの本(*'▽'*)
    今から、8年前ーー。
    どきどきと切なさがたまらない一冊。

全25件中 1 - 25件を表示

暗いところで待ち合わせに関連する談話室の質問

外部サイトの商品情報・レビュー

暗いところで待ち合わせを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

暗いところで待ち合わせを本棚に「積読」で登録しているひと

暗いところで待ち合わせはこんな電子書籍です

暗いところで待ち合わせの文庫

ツイートする