テレフォン [DVD]

  • 11人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
監督 : ドン・シーゲル 
出演 : チャールズ・ブロンソン  リー・レミック  ドナルド・プレザンス 
  • 2013年10月11日発売
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988135800374

テレフォン [DVD]の感想・レビュー・書評

  • *o○* 古(いにしえ)の3アイテム *o○*





     1977年の作品ということでツッコミどころが点在しているのは確か
    ですが..(苦笑)

     ドナルド・プレザンス氏の“眼力演技”、本作ではなかなか光っています。
    他には懐かしいお顔として、リー・レミックがキュートに加齢なされているなぁ…という印象。
    彼女の“ほうれい線”は何故か許せてしまえるので不思議です(笑)


     題名の「テレフォン」といい、ドロシー女史が使いこなすパソコン(コンピューターと云うべき?)の「液晶画面」、「デスクトップの厳(いか)つさ」といい、
    「操作keyの音色」といい、 「車の型式」といい、、、


     古(いにしえ)のアイテムたちに、それでも公開当時には、「(それが最先端で…)カッコイイ!」と思えたんだろうなぁ~」
    と...、まぁ こんな具合にひとり苦笑しながらも少々微笑ましく観賞してしまいました。   


     やぁ…、それにしてもブロンソンは渋くて素敵でした!
    (※マンダムのあのCM、J・ウォレスも思いだされました。
    ご参考URL=http://www.youtube.com/watch?v=200o7I19fIA)


     たまにはこうした古い作品を観ながら、その当時の頃の自分、周囲で起きたこと、流行っていたことなどを思いだしてみるのも良いものですね。

  • ブロンソン主演。
    あと、「ぶれない主人公」というツタヤの紹介を見て借りた。
    へんな感傷がないのはいい。
    でもこの手の映画って、主役がぶれない代わりに女のほうが妙にセンチなタイプが多くなる気がする…。

    メモ:
    地味にダルチムスキー役がドナルド・プレザンス。
    大脱走で鳥が大好きで視力が弱い人。

全2件中 1 - 2件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする