ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日 [Blu-ray]

  • 175人登録
  • 3.63評価
    • (18)
    • (28)
    • (20)
    • (12)
    • (1)
  • 21レビュー
監督 : アン・リー 
出演 : スラージ・シャルマ  イルファン・カーン  アディル・フセイン  タブー  レイフ・スポール 
  • 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2013年11月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988142966025

ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日 [Blu-ray]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 哲学的な内容がふんだんで、あんまり理解できていません。何という言葉で表現したら良いのかもよくわからないけど、素晴らしく美しい映像と、トラとの別れと、保険屋の対応と、パイの生きる姿に、胸が苦しくなる映画でした。
    辛くて美しくて、寂しくて、苦しくて、難しい。時々見直して、色々物主にふける

  • まずは映像の美しさでしょう。特に水の描写が素晴らしい。そして物語。最後に「実はこの物語は・・・」みたいなことが提示されます。なんとなく見てる途中から、なんか変だなー、とは感じていたので妙に納得しました。観てよかった(^^)

  • ただひたすら映像美が凄かった。途中まで本物のトラだと思っていたくらい 笑。くらげや海面に映る星空が本当に綺麗だった。でも何故か魚やイカだけCGが嘘くさくて残念。

    設定がファンタジーなのは観る前から分かっていたし、問題なのは「トラと漂流した」ことより「227日も漂流したように見えない」ことだと思う。これが30日とかだったらまだ納得できるんだけど…。トラもパイももっとガリガリでぼろっぼろじゃないと。1度くらいサメやピラニアに襲われないと説得力が無い。でもトラとの友情の物語にしなかったのは良かったと思う。

    根底は宗教の話のようだけど神に対して叫ぶ主人公にあまり共感出来なかった。

  • 素敵な映画だったわーー

  • おすすめ度:90点

    ものすごい物語で惹き込まれる。「驚異の映像」ではなく「物語の驚異」である。
    主人公の少年パイのキャラクターを語るエピソードだけで前半はゆるゆると進む。だからこそ救命ボートにベンカルトラとともに漂流する冒険が信じられるものになる。
    3Dであることを忘れさせる映像も見事である。トラが吠えるたびに驚きと恐怖でこちらの身を引いた場面が何度かあった。幻想的な場面も主人公のその心理を見事に表現している。

  • 文学的なんだけど退屈さは全く感じられなくて、味わい深い。大学の講義でいちいち説明されながら鑑賞したい映画No.1です。

  • 考えすぎて眠れない

    二つ目の物語は矛盾が多すぎる(言葉の通じない仏教徒、母親を殺したのに食べないコックなど)のでそちらもあくまで「物語」なんだろう。聞き手が、つまりハイエナがコックで…とか答え合わせし出すのも取って付けた様だし。
    他人を食ってサバイバルした「物語」以上に過酷な現実とは?

    嵐で船が浸水する場面で、シマウマが流れてくる。その先にあったのはパイの家族がいる部屋。
    ボートに乗っていたのはパイの家族ではないだろうか。

    神父が「君は飲み助だね」っていうシーンがあるし、トラ=パイは確実だとして、
    シマウマ=父、ハイエナ=ラヴィ、オラウータン=母、
    チャーリーパーカーは食べられる人の名前だ。
    「浮島」はつまり、パイがチャーリーパーカーを食べたってことなんじゃないかな。
    一つ目の物語のパイ=ラヴィ、トラ=パイで、語り手は実はパイではなく、ラヴィは弟を食べて生き残りパイとして生きる…みたいな…うーんそれだと最初の足切って云々の顛末があんまり辻褄合わないかな…

    「ウミガメを取り逃がす」っていうのは何を意味しているんだ

  • ラスト五分でドキッとする映画。作りが丁寧な作品でした。

  • 人間にとって癒してくれる存在が自然ならば、敵ともなりうる存在も自然である。


    人間にとって癒してくれる存在が自然ならば最大の敵になりうる存在も自然である。

    本当に恐ろしい自然の脅威にさらされたときに、武器になりうるものは「生への執念」。

    この物語のパイの物語は、なんらかの宗教のバイブルにもなりうる人間の神髄に着目したものなのだろう。

    本当の局面に達した者にしかわからない究極の修行。
    生と死の狭間で初めてむき出しになる己の倫理観、信仰心。

    きれいな言葉で締めくくることができない。「生のむき出し」に人間も自然界の動物の一員でしかないことを思い知らされました。

    「生きることは失うこと。」

    パイだからこそ発することのできるこの言葉の重みを感じながらもう一回観たい。

    映像の鮮やかさ、美しさ。

    ブルーレイで観ることを必ずお勧めします。

  • (2012年作品)

全21件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日 [Blu-ray]はこんな映画です

外部サイトの商品情報・レビュー

ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日 [Blu-ray]を本棚に「観たい」で登録しているひと

ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日 [Blu-ray]を本棚に「いま見ている」で登録しているひと

ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日 [Blu-ray]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日 [Blu-ray]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする