闘うプログラマー[新装版] ビル・ゲイツの野望を担った男達 [Kindle]

  • 58人登録
  • 3.83評価
    • (4)
    • (12)
    • (6)
    • (1)
    • (0)
  • 5レビュー
制作 : 山岡 洋一 
  • 日経BP社 (2009年7月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (292ページ)

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
トム デマルコ;...
ジェームス W....
落合陽一
ジェイムズ・P・...
エリック・シュミ...
エリック・リース
有効な右矢印 無効な右矢印

闘うプログラマー[新装版] ビル・ゲイツの野望を担った男達の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • Windows NTの開発物語。カトラーの開発に対する姿勢は真似すべきところもある。

  • WindowsNT開発記。淡々と開発初期から完成までを語った本。それ以上でもそれ以下でもない。
    人間関係を破壊しながら進むデスマーチが「最良の時間」だとはまったく思わないが、まぁ考え方は人それぞれなのかな。

  • ウィンドウズNTという現代OSの礎を作った人たちの物語。
    NTの果たした役割は大きく、本書中にもあったように信頼性と移植性向上があったからこそ、現代の我々は安心してパソコンを使うことができる。
    ここまで大規模なソフトウェアを一から作ることは稀で、それを完成させたことは賞賛に値する。一貫したポリシーを守るリーダーシップ、現場に居て手本を示し続ける姿勢は、どんなプロジェクトでも重要だろう。
    歴史の一片を感じることができる一冊

  • 【目的】 ウィンドウズNTの開発物語を伝える。

    【収穫】 プログラマの信念や教訓のようなものを感じることができた。

    【概要】 伝説のプログラマーであるデビッド・カトラーを中心に、当時のMicrosoftの世界戦略を担った次世代OS「ウィンドウズNT」を開発するプロジェクトの模様を描く。

    【感想】 この本の登場人物の足元にも及ばないが、しがない1SEの読後感としては、意欲を掻き立てる気持ちが7割と、現実のデスマーチを思い出して憂鬱になる気持ちが3割という感じ。実際の開発をもとにしたノンフィクションながら、個性的な登場人物が多く、さすがマイクロソフトと感じた。

  • Windows NTの開発に関するマイクロソフトの裏側の話。

    技術的な解説はほとんどないので、本書を読んでNTが当時としてはすごいOSであることを実感することはないし、OSに関する技術的な知見は得られない。

    しかし仕様の決定、リリース直前のプログラムの管理、テストの方法等について、大規模なソフトウェア開発に関する生々しい話が多くあり、そういった実態は参考になる気がする。

    また、伽藍とバザールの伽藍としてとかく批判されがちなマイクロソフトだが、社内的にはプログラマー至上主義的であり、かつあまり統制された感じがないのが意外ではあった。

    バザールとの違いは、鬼軍曹の存在と、リリース期限が設定されることによる長時間労働のところくらいか。

全5件中 1 - 5件を表示

闘うプログラマー[新装版] ビル・ゲイツの野望を担った男達に関連する談話室の質問

外部サイトの商品情報・レビュー

闘うプログラマー[新装版] ビル・ゲイツの野望を担った男達を本棚に「読みたい」で登録しているひと

闘うプログラマー[新装版] ビル・ゲイツの野望を担った男達を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

闘うプログラマー[新装版] ビル・ゲイツの野望を担った男達を本棚に「積読」で登録しているひと

闘うプログラマー[新装版] ビル・ゲイツの野望を担った男達はこんな電子書籍です

闘うプログラマー[新装版] ビル・ゲイツの野望を担った男達の単行本

ツイートする