WIRED VOL.12 (GQ JAPAN.2014年7月号増刊)

  • 118人登録
  • 3.81評価
    • (3)
    • (15)
    • (8)
    • (0)
    • (0)
  • 12レビュー
  • コンデナスト・ジャパン (2014年6月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・雑誌
  • / ISBN・EAN: 4910153120745

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェームス W....
ウォルター・アイ...
ジャレド・ダイア...
有効な右矢印 無効な右矢印

WIRED VOL.12 (GQ JAPAN.2014年7月号増刊)の感想・レビュー・書評

  • コーヒーか。。テクノロジーだけじゃないんだな。

  • コーヒーとチョコレートという特集に惹かれて購入したけど、Origami康井CEOのインタビュー記事が面白かった。「急速に普及していたスマートフォンのテクノロジーによって最も変化が起こるのは、コミュニケーションとモビリティ、そして金融の分野だと革新する。なかでも当時、いちばんマーケットにゆがみがあると考えたのが金融、それもコマース(商取引)に係わる分野だった」「テクノロジーによって新しい行動をさせるのではなく、従来の行動をリプレイスする仕組みを、テクノロジーによって生み出すこと(そこで金融を選択した)」「(足し算の発想だけではスケールしない)コンシューマービヘイビアというものは引き算じゃないとなかなか変わらないのも事実」
    ブラックスワンのタレブも、未来を予測するには引き算の思考が必要と言っていたな。

  • 2年前に見学したBLOSSOM COFFEEが取り上げらていて刺激を受けた。

  • ・コーヒーは、ソフトな麻薬。
    権力の目の敵にされてきた。
    覚醒しながらハイにしない、批判精神を養う。

    ・cardboard bike
    段ボールで出来た自転車。

    ・スターバックスは、エクスペリエンス。
    ブルーボトルは、ソウル。

    ・画像解析技術をコーヒーのグラインドに役立てる。
    perfect coffee

    ・コーヒーハウスは、イノベーティブプラットフォーム。
    SNSの場。
    →今のSNSは、自由なプラットフォームに見せかけて、
    壮大なマーケティングプラットフォームになっている。

    ・ORIGAMI
    eコマースではなく、コマースそのもの。

    ・購入履歴が回収される、
    つまり、自分のライフタイムバリューを主張できる、
    と読み替える。

    ・コンシューマービヘイビアは、
    引き算じゃないと変わらない。
    =普段やっている行動を、テクノロジーでリプレイスする。

    ・jins meme 自分の体の状態を予測するメガネ


    ・vincent moon 
    PCで見ることを前提とされたPV

    テクノロジー×食で未来を変える。
    誰をターゲットにするか。
    そのビジネスそのものが、
    社会に対する「メッセージ」になっている。

    メッセージ(ことば)と、もの、システムとの関係。

  •  コーヒーとチョコレート。
     何と言っても、ブルーボトルコーヒーだろう。テックから評価され、コーヒー界のAppleと評される。コーヒーを機械製品と同じように製造工程として見ているスターバックスとは全く違うアプローチ。その一杯が「働く」をもっと面白くする。刺激や文化そのものであるコーヒー。深夜にもう一頑張りするための一杯も、音楽を聞きながら大好きなソファーで本を読む瞬間に目の前に置いてある一杯も、きっと大切な瞬間に立ち会っている。
     ブルーボトルもついに日本上陸。毎日の仕事に、素敵な何かをくれるような、Appleのような存在であって欲しい。日本人には遊び心が無い。でもまじめだ。この遊びとまじめが共存したようなコーヒーとカフェが日本人に刺さってくれることを祈りたい。

  • 2014/07/01 購入。メルマガで出てたのは知ってたけど買い忘れてた。今回の特集は次世代テック企業家たちのニュービジネスということで「コーヒーとチョコレート」。なぜ「コーヒーとチョコレート」なのかは読んでからのお楽しみ。

  • よかったヽ(´∀`*)ノ
    コーヒーもっと美味しくなるとか素敵だなぁ。わくわくする。

  • コーヒーハウスとソーシャルメディアの比較記事は面白かった。
    ブルーは食欲をそそる色ではないのだけれど、この季節だからとても涼しげに感じて好感。不思議な気分だ。

  • ブルーボトルコーヒーなど今をときめくサードウェーブの特集。スターバックスの脅威とかコーヒー界のアップルとか言われるが、規模のレベルが全然違うし、個人経営のカフェに近いブルーボトルがビジネスモデルとしてスタバの脅威になるというのは正直ちょっと違うのではないかなという印象。スモールビジネスと大規模チェーンでは目指す方向もやるべきことも全然違うので、土俵そのものが違うのではないかと思わざるを得ない。スタバがインスパイアードという業態でやろうとしてることに近いと思うけど、多忙極める現代人に広く受け入れられる大衆性と収益力があるかというと疑問。

    エリザベス・ホームズのTheranosという血液検査サービスには非常に有能さを感じた。

  •  すっかりおなじみの物になってかつての輝きを失ってきているものがある。それはスターバックスだ。特集で、シスコシステムが90年代に躍進を遂げることができた立役者の1人のマイク・ヴォルピが次のように述べている。

     当時コーヒーは「ソウル」を失いかけていた。スターバックスはただの組み立てラインになっていた(以下略)。

     最初は、目新しく今までになかったサービスで話題になり人気を集めていたが世界進出をして行き、日本でももうすぐで全国48都道府県出店に達すると、どこかエッジの効いたブランド価値がすっかり丸くなってしまっている。タリーズも同様に角がとれて丸くなってきている。

     ブルーボトルは「コーヒー界のアップル」と言われ、テックビジネスの大物たちが次々と出資するようになっている。その魅力は、コーヒーだけではなくサービスのされかたなどにこだわりがあり、まるでマッキントッシュのようだと評されている。

     そんなブルーボトルが世界進出を果たすうえで最初の都市として東京を選んだ。じゃあ、表参道、いや六本木、いや虎の門ヒルズかと思ったら、意外な場所だった。何と清澄白河という東京メトロ半蔵門線の駅があるところだった。結構シブい所を選ぶなあ。あえて、他とは違う場所に出店することで「物語」を紡いでいく作戦か。それに、マスコミや口コミで話題になれば、東京スカイツリーがある駅から同じ路線なので、じゃあ話題にコーヒーを飲んでいくかという観光客もねらえる。そこまでは書かれていないが、想像して見た。

     その他のアメリカのコーヒーショップや、チョコレート店も掲載されている。いずれもそれぞれ個性があり、既存の店とは違うという気構えが見て取れる。いろいろな所が出てきて切磋琢磨してもらうと消費者としてはうれしい。

     びっくりしたのがあの遺伝子組み換え作物で有名なモンサント社が「オーガニック」を売ろうとしているとある。回心か?というサブタイトルもつくくらい驚きが表現されている。遺伝子組み換えだけではおいしい思いが出来ないと頭の中で計算して、企業イメージロンダリングをして、いい子ぶろうという計算もしているにおいが漂ってくる。「モンサントには健康に対する潜在的な長期的影響の説明責任がないということだ」とあるように、モンサントは日本のマスコミと同じように政府にすりすりしているので、利権がガッチリ守られている。

     それにしても、雑誌を読んで頭の中が満腹になるのは、ワイアードとクーリエ・ジャポンぐらいだなあ。次回も楽しみだ。

  • 久しぶりに買ってみました。
    休刊する前は、毎号発売されたらすぐに購入する位愛読してましたが、編集長も変わってしまいいつしか買わなくなってました。

  • ハイライトは自転車とコーヒー産業の新たな動きについて。個人的にレンタル自転車(決まった停留所になら乗り捨てできるシェアタイプのもの)は普及してほしいと思っているが、日本でサービスを受けられるのは先のことになりそうだ。

    ライフログの記事で取り扱われていた、眼電位を測定できる眼鏡が印象的。瞬きや目の動きで疲れと眠気を測定してくれる機能がついており、「疲れの定量化」ができる。企業単位で導入した場合には社員の状態をトラッキングし、休憩のタイミングを調整することで生産性をあげられると紹介されているが、うまく機能できるのだろうか?(特に日本の社会で)恐怖政治の体を為しそうな予感がする。

    アニメ制作会社トリガーと作品キルラキルが、2ページではあるが紹介されている。あえて視聴者像を無視して、現場の人間の士気を重視したという文章に納得。これが功を奏したことは視聴者にはよくわかる。

    映画「トランセンデンス」の記事でシンギュラリティ(技術的特異点)についての記事があったが、特異点という概念の普及に貢献したヴァーナー・ヴィンジについて触れられていないのは個人的に残念。もっともそんな人間は海外SFのファンだけだろうけど。

全12件中 1 - 12件を表示

WIRED VOL.12 (GQ JAPAN.2014年7月号増刊)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

WIRED VOL.12 (GQ JAPAN.2014年7月号増刊)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

WIRED VOL.12 (GQ JAPAN.2014年7月号増刊)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

WIRED VOL.12 (GQ JAPAN.2014年7月号増刊)を本棚に「積読」で登録しているひと

WIRED VOL.12 (GQ JAPAN.2014年7月号増刊)はこんな雑誌です

WIRED VOL.12 (GQ JAPAN.2014年7月号増刊)のKindle版

ツイートする