黒い家 [DVD]

  • 17人登録
  • 3.60評価
    • (2)
    • (4)
    • (3)
    • (0)
    • (1)
  • 2レビュー
監督 : 森田芳光 
出演 : 内野聖陽  大竹しのぶ  西村雅彦 
  • KADOKAWA / 角川書店 (2015年11月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988111290793

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

黒い家 [DVD]の感想・レビュー・書評

  • 主人公の追い込まれていく心理状態を表すカラフルな色彩と、トリッキーな映像と、極端なほど滑稽に人物を描写することにより、これから起きる事への不安感よりも、先を知りたいと興味をそそる作りとなってる。
    絶対後味悪そうなのに、怖いもの見たさ。
    そして罠にハマった。

    普通の人間にとって一番怖いのって
    ①常識が全く通じなそうなやばい相手に対して説得しなきゃいけない状態。
    ②そしてそのやばい相手に逆恨みされること。
    だと思うんです。
    そしてこんな類のやばい人間を演じきるって1つ間違えるとかなりわざとらしくなってしまいがち。西村さんの演技とかは始めこそまぁ若干、ふざけてる感?があるものの、そのコント的演出にも結果的に意味がちゃんとあって後から考えて少しだけぞわっとする。

    巷のニュースを見ていても、保険金が絡む事件が最も人間の闇が渦巻いていると思う。
    だから物語の題材として保険金詐欺ってよくあるものの、これはよくあるそういう類のものからも大きく道を外れたトラウマ級の心理サスペンスホラー。
    いや、昔から怖い怖いと聞いていたものの、こんな感じの怖さだったとは、、、大竹しのぶさんの顔、夢に出てきそうだし、大竹しのぶさん暫く見れない。
    そしてこんな役こんな風に演じられる女優さんって日本にどれくらいいるのだろう?と感心しました。

    それにしてもいつからだろう?幼い頃はこの世で一番怖いのは幽霊だって思っていたのに、いつの間にか人間の闇の方が恐ろしい事に気がついてしまったのは、、、。
    そんなこと知りたくなかったのにな。

  • 保険会社に勤める若槻慎二(内野聖陽)は保険金の説明に訪れた女性の家でその女性の息子の首吊り死体に遭遇する。警察は自殺と判断し、それに基づいて保険金も支払われることになった。しかし、両親の態度に不審なものを感じた若槻は自殺に疑問を感じひとり調査を開始する。そして、夫婦の保険金をめぐる異常な行動が次第に明らかになっていく…。

    大竹しのぶのサイコパスっぷりは秀逸ですが、「乳しゃぶれ〜」を始めとした不要に思える脚色、西村雅彦の挙動不審っぷりや内野聖陽のビビりっぷりなど過剰と思える演出が鼻につきますし、演者がボソボソと喋っててセリフが聴き取り難いシーンも多々あり、終始ストレスを感じる映画でした。

全2件中 1 - 2件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする