CREA 2015年9月号 本とおでかけ。

  • 138人登録
  • 3.76評価
    • (6)
    • (12)
    • (9)
    • (2)
    • (0)
  • 14レビュー
  • 文藝春秋 (2015年8月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・雑誌
  • / ISBN・EAN: 4910132510956

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ピエール ルメー...
三浦 しをん
小泉 今日子
恩田 陸
西 加奈子
エラ・フランシス...
有効な右矢印 無効な右矢印

CREA 2015年9月号 本とおでかけ。の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 村上春樹の書き下ろし熊本紀行エッセイと本の特集に惹かれて普段買わない女性誌を購入。1ページ目からスワロフスキーのミランダ・カーの広告が出てきて新鮮な洗礼を受けつつページをめくると、村上春樹のエッセイも特集も充実の内容。特に色んな人が選ぶ「わたしの3冊」はいつも見ているBRUTUSとかとは違った雰囲気の人たちが出てきて、紹介する本も多種多様。エッセイや料理本、漫画、日本文学(特に谷崎!)が多いのは女性誌ならではなのか、といった感じでいつもと違った感覚でとても面白く読めた。また、日本に来ている外国人旅行者に今読んでる本を聞くコーナーも、日本の本屋うろついてるだけでは知らない本がたくさんあって、とても良いコーナーだった。後半は星座占い、美容と芸能ゴシップと女性誌らしいコーナーのオンパレードでありまして、間違って女子会に男子1人混じってしまったような、お姉ちゃんの部屋のドアが開いてて覗いてしまったような(お姉ちゃんいないけど)感じ。ちょっとだけ女子ライフを垣間見ました。

  • 選出基準がよくわかないけどオススメ本はきになる本が出てくるから見たくないけど、見てしまう。マイナーどころがゴロゴロしてるのが読み応えがあってよい。喫茶店は実際に行ったら、ああこんな感じか。と、思ってしまうに違いないが。素敵空間で本を読む。ってのは、本好きには楽しいひと時ではある。さぼうるの雰囲気はとても好みだがな。

  • 旅の本特集。

  • 花のベッドでおひるねして
    消しゴムをくれた女子を好きになった

  • 特集、本とおでかけ。

  • いろいろな人のおすすめの本がいっぱい。
    こういう時のセレクトって、難しいだろうな。
    自分の頭の中(程度?)がわかってしまうようで。
    だから、「気取ってんなー」というものも実はけっこうある。
    自分が読みたい本を探したかったが、参考になりそうな、ならなそうな...

  • 購入からかなり時間が経過してしまったけど、この号は特にシーズンを限定しないで読める内容に。
    壇蜜さんのコラムも面白いし、その他の書籍紹介とそれにともなうコンテキストも読みごたえありです。同誌の中でもかなりクオリティーの高い号だったと思います。
    バックナンバーでの購入をお勧めしたい一冊です。

  • 2015.9.25読了。

    いろーんな人のいろーんな本の好みや読み方が見えてなかなか。パラパラめくるたびに「あ、この本いいかも」っていうのが見つかる。

    村上春樹の熊本紀行もよかった。

  • 本とおでかけ。最高なテーマでステキな本♪頁をめくっているだけでわくわく!

  • 他の人はどんな時にどんな本を選んで読んているんだろう、
    そんなことが気になる今日この頃。
    旅本は旅に出ながら、
    サスペンスはビジネスホテルのbedの上で一人で、
    など状況をかぶせることでより小説をリアリティ高く楽しめるって、新鮮な発見でした。
    まだまだ読書が好きとは言えないな、わたし!
    読書家のみなさんの楽しみ方を参考にしつつ、
    私も読書の世界をもっと満喫しよっと。

全14件中 1 - 10件を表示

CREA 2015年9月号 本とおでかけ。を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

CREA 2015年9月号 本とおでかけ。を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

CREA 2015年9月号 本とおでかけ。を本棚に「積読」で登録しているひと

CREA 2015年9月号 本とおでかけ。はこんな雑誌です

ツイートする