ゾンビーバー [DVD]

  • 59人登録
  • 3.12評価
    • (3)
    • (9)
    • (12)
    • (7)
    • (2)
  • 15レビュー
監督 : ジョーダン・ルービン 
出演 : レイチェル・メルヴィン  コートニー・パーム  レクシー・アトキンス  ハッチ・ダーノ  ジェイク・ウィアリー 
  • インターフィルム (2016年1月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4547286112431

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ゾンビーバー [DVD]の感想・レビュー・書評

  • 最初はちっともゾンビーバーのこと好きじゃなかったけど、見ているうちに段々可愛く思えてきた。
    目が蛍光イエローに光るとこなんて鬼キュート。
    最後の方なんて応援してた。
    お約束の展開、ギャルの無駄なトップレスなどねらいすぎてるとこがちょっと気になったけど、まあいいや、と思える。

  • ゾンビ化したビーバーが若者達を襲うお話。
    ゾンビーバーがぬいぐるみでまた意外と可愛いので緊張感ゼロですが中々面白かったです。
    ビーバーは木をかじるので木で家を補強しても無駄だったり、床に穴を開けてきたりと他のゾンビ作品とは違った楽しみ方も味わえたし、ゾンビーバーに噛まれるとゾンビーバーに人間もなってしまうのも良かったです。
    時間も短いし気楽に観れる楽しい作品でした。

  • 君達もゾンビーバーにならない?


    Bを越えてC級\(^ω^)/ ビーバーが全部人形なところが時代を逆らってて逆に良い!ゾンビーバーに噛まれたら人間の状態でゾンビーバーになったけど、あれ、口閉じれないから辛かっただろう…笑

  •  産業廃棄物によってビーバーがゾンビ化!

     意図的なC級映画だが、CGを使わずぬいぐるみで何とかしようとする心意気はよし。
     それ以外には特に見どころはないな。。。あ、なぜかゾンビ―バーに噛まれた人間はゾンビにならずにゾンビ―バー人間になります。ここでも特殊メイク。
     昔のホラー映画を思い出した。

  • おもしろかったwwwww

    素晴らしいB級だなぁ。
    ぬいぐるみ感かわいいw

    そしてイヌがガチでかわいかった。
    囮に使ったときガチでムカついたw

  • 登場人物の描き方がひたすら不愉快。久々に飛ばし見してしまった。ゾンビーバーちゃんは悪くない。

  • 難しいことを考えずだらーっと観られる良作ホラー。
    ぬいぐるみ的なゾンビーバーもB級らしくて好感がもてます(怖さは全くないけど)
    時間も短めなので飽きずにさくっと見られるのでオススメ。
    クレジットのNG集も和気あいあいとしてて良し。

  • ビーバーがゾンビになるっていうアイデアがシュールでした。

  • この手の映画はくだらなくておもしろいか、くだらなくてくだらないの二択なので悩みましたがレンタルを決意。今では見て良かったとさえ思っています。
    ネタバレというほどネタはないやもですが、何も知らないでいきなり見た方がいいと思います。

  • パッケージを見た時点で絶対馬鹿げている! と確信、なのに何故か無性に見たくて見たくて……。実際アホらしかったです。でもなんか面白かった! リアルさとか迫力皆無のぬいぐるみゾンビーバー! ホラーお決まりの馬鹿で性欲まみれの大学生!クマまでビーバー化ってなんだよ! とツッコミどころ満載。だがそこがいいのかも。

  • レンタルで観賞。

    ゾンビのビーバーが人間を襲う。
    タイトルの期待を裏切らないB級っぷり。

  • 湖畔の小屋にエロい事しか考えていない若者が…という諸々のお約束を踏まえまくったB級バカホラーコメディ映画。
    いろいろ突っ込みをいれつつニヤニヤしながら楽しめました。
    NG集も和気藹々として楽しそう。

  • わりと面白かったかな

  • 田舎の別荘に遊びに来た若者たちが酷い目に会ういつものホラーです。

    ただ、殺し屋役が作り物感満載のビーバー(ゾンビ化)君たちということで。
    かまれた人(熊含む)は出っ歯ででかいしっぽのビーバーゾンビ化しちゃうよ、という、
    まぁどうでもいいお話です。

    とはいえ、時間も70分強しかないということもあり、
    それなりに突っ込みを入れながら楽しんでみることができました。

    終盤の「あ、これ全員助からんなー」的な絶望感はそれなりにありましたし。
    オチもくだらなくてよし。
    スマホしながら運転はやめましょう。

    そんな若者たちの中でも一番の脱ぎっぷりを見せていたパンク系ガール。
    この人「スシガール」で延々女体盛りのお皿役で我慢してた人だったんだね(コートニー・パーム)。

    うーん、売れるための道のりは長そうだ…。

全15件中 1 - 15件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ゾンビーバー [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ツイートする