デッド・オア・リベンジ [DVD]

  • 12人登録
  • 2.63評価
    • (0)
    • (1)
    • (3)
    • (4)
    • (0)
  • 7レビュー
監督 : レヴァン・バキア 
出演 : スターリング・ナイト  スペンサー・ロック  ディーン・ガイヤー  コート・トロダーヴァ 
  • アメイジングD.C. (2016年3月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988166206091

デッド・オア・リベンジ [DVD]の感想・レビュー・書評

  • 一応、最後まで飽きずに観られた。
    後味が悪いという前情報は得ていたのだけど、後味悪い映画は割と好きなので少し期待した。
    イリアが登場してからは凄くイライラしたけど、復讐が始まってからは「いいぞ、やれやれー!」状態(笑)
    だったのに、最後のオチね。あぁ、そういう感じか…ってなった…。
    落ち込むくらいなら何でそのやり方で復讐したんだろうね(苦笑)
    6分の1の確率ったって、脱ぎもしない内からバンバン何発かルーレットしちゃ撃ってるんだからさ、確率上がって行ってるわけじゃない…。
    イリアには同情もなく自業自得だわって思ったけど、イリアの娘さんと奥さんは巻き込まれて可哀想だった。
    善人そうなだけにね…。

    “ポルト国際映画祭観客賞をはじめとする世界中の映画祭を席巻した、ジョージア(旧グルジア)発の壮絶なバイオレンスムービー。トレッキングしにジョージアを訪れた男女3人が地雷地帯に侵入、地雷を踏んだ男の恋人を地元の男がレイプしたことから一転、すさまじい惨劇が展開する。監督は、『247°F』のレヴァン・バキア。出演は『セブンティーン・アゲイン』などのスターリング・ナイトや『バイオハザード』シリーズなどのスペンサー・ロックら。極限状態から復讐の鬼と化す男の狂気に戦慄する。
    アメリカからジョージアへトレッキングにやって来た男女3人。クリス(スターリング・ナイト)がグルジア戦争のときに埋められた地雷を踏んでしまうが、それは三角関係のもつれを恨むダニエル(ディーン・ガイヤー)のわなだった。そこへ通りかかった地元の男イリア(コート・トロルダヴァ)は、助けを求めるクリスの恋人アリシア(スペンサー・ロック)を目の前でレイプする。この悲劇をきっかけに凄惨なリベンジ劇が始まる。”

  • ○日本語字幕
    ×日本語吹き替え



    前半の胸糞悪さったら!
    自分ルールで話を聞かない人って本当に最悪。
    後半、悪党の焦りっぷりを見てたら心踊ったけど、最後が頂けない。
    流石にあそこまでしちゃいけない。
    けれど因果応報。
    仕組んだアイツに復讐が無いのかが気掛かり。

  • 目の前で恋人をレイプされた男が繰り広げる壮絶な復讐劇!(映画comより抜粋)

    いやーーーーーーー
    序盤は「なwんwでwだwよwww」の連続でひたすらダルい。
    そして『ファニーゲーム』とか見てた時みたいなイライラ感が凄くあって、凄惨なナントカ!!みたいな物ではなく、退屈で結構心がキツくて途中から1.5倍速再生で見る事にしましたけど、これでちょうどよかったです…。

    男が恋人をレイプした奴の家に乗り込んで行ってからの復讐劇は中々面白かったんですけど、そのオチかーーーーーい!!というズッコケ。
    すっきりしない、後味悪い話は大好物なんですけど、それじゃない!それじゃダメなんだ!!っていう、この…、この……!!

  • 制作年:2015年
    監 督:レヴァン・バキア
    主 演:スターリング・ナイト、スペンサー・ロック、ディーン・ガイヤー、コート・トロダーヴァ
    時 間:105分
    音 声:オリジナル:ドルビーデジタルステレオ


    アメリカからコーカサス地方にある国ジョージアにやってきたクリス、アリシア、ダニエルの3人は、トレッキングを楽しんでいた。
    しかしそこはかつてグルジア戦争時に設置された地雷が残る地域であり、クリスは知らぬ間に地雷を踏んでしまう。
    足を動かすと爆発するため、動くに動けないクリス。
    それは、三角関係のもつれからダニエルが仕組んだ罠だった。
    そこへ通りがかったイリアは、恋人を助けたい一心のアリシアの弱みにつけこんで、私物や現金を要求。
    次第に彼の要求はエスカレートし、彼女に下着を脱がせて犬のように取りに行かせた上に、クリスの目の前で彼女をレイプする。
    あまりにも残忍なイリアの所業に絶望と怒りの極限を超えたクリス。
    そして、壮絶な復讐がはじまる。

  • 「隣の家の少女」などと同じでちょっと視聴するのになにやら後ろめたさが発生してしまうタイプの本作。

    色々な映画祭で賞を獲得したらしいですが…?…?

    ざっくり分けると3つのブロックに分けられる本作。
    最初のブロックの期待感からどんどんテンションが下がっていき、最後のあの後味の悪い幕引きはちょっと…

    決して目新しいタイプの映画ではないですしストーリーの意外性もイマイチ。
    ただ一応飽きることなく最後まで見られたのでその辺は及第点でしょうか?

    ただあのジャケットと邦題はあまりにもヒドイ。

  • 2016/3/19 かなり悲惨な目に遭って あんな嫌な奴に出くわした時点で 信用ならないから命を懸けても 行動するだろうけど…リベンジものだから
    こんな嫌なストーリーがあっての復讐になるのか?って感じでしたが…ラストは敢えて違う意外性のある終わり方にしたのか?なんとも最後までスッキリしない映画でした。嫌な気分とか必死さ、追い込まれる窮地は理解出来たが…リベンジになるのか?

  • グルジア(現ジョージア)映画ですが、なかなか狂っていてよかった。物語そのものは3つに完全にわかれていて、その意味では破綻してるのだけれども、でも、3つの章に出てくる連中がみな外道なので、本当にいいのです……が、でもこのエンディングはどうなのよ、外道は反省なんかしちゃ駄目でしょ。

全7件中 1 - 7件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする