岸辺の旅 [Blu-ray]

  • 20人登録
  • 3.11評価
    • (0)
    • (3)
    • (4)
    • (2)
    • (0)
  • 3レビュー
監督 : 黒沢清 
出演 : 深津絵里  浅野忠信  小松政夫  村岡希美  奥貫薫 
  • ポニーキャニオン (2016年4月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988013533387

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

岸辺の旅 [Blu-ray]の感想・レビュー・書評

  • 行方不明の夫が三年ぶりに「俺、死んだんだ」と行って家に戻ってくる。
    それを驚きもせずふわっと受け入れる妻を見て、ほんわか感動ファンタジーなのかと気を抜いていた。
    なのに小松政夫さんの部屋の壁一面の美しい花の切り絵から一気に映像で見せつける不安感やぞわぞわ感。
    やっぱり黒沢清監督の作品だったよ、ホラーなのかな、、、と頭の中をホラーアンテナに切り替える。

    過去の浮気にぶち切れたり、嫉妬させようと過去の恋人の話を嬉しそうにしたり、「本当に行かなきゃ行けないの?」の悲しく縋ったり。いつも比較的意思のしっかりした、ぶれない役か、感情が薄めな役の多い深津絵里さんが、少女のような色んな感情を見せてくれる演技はなんか珍しくて印象的だった。
    そして、「悪人」以来に観た彼女の裸の背中がとても美しかった。
    今回もだけど深津絵里さんはこんな風な退廃的なセックスシーンがとても似合うと思う。

    作品としては地味で全体的にふわふわしてるという印象。
    私は祖父母や父を亡くしたばかりなのでら死と生の境界線の曖昧な描き方は奇妙な夢を見ているようで嫌いではなかった。

    死人が「生」に後ろ髪をひかれるのではなくて、本当は死んだ人に心が縋っている生きた人間の方なんだろう。
    死んだ人の方が結局はそれを穏やかに受け入れて、生きている人間のほうが手放すのが下手なのかもしれない。
    最終的にはラブストーリーなのだと気がついたけど、個人的にはそこよりも、人にとっての生きることに対する解釈についてじわじわ考えさせられました。

  • 雰囲気と演技がよかった。

  • 行方不明になった夫の浅野忠信が、3年ぶりに妻の深津絵里の元へ帰ってきた。ただし幽霊として。普通に駅員と話し、電車に乗る姿は幽霊コントのようで笑ってしまう。夫が過ごした場所を妻と巡る旅の物語。新聞配達店の小松政夫にはゾクッとし、ラーメン屋の切ないピアノには思わず涙。不思議な村では浅野忠信の話をみんなが耳を傾けて聞いている。もしかして全部がパラレルワールドなのかと思ってしまう世界観だ。深津絵里がとにかく可愛かった。あんな奥さんを置いて失踪するなんてバカな夫だ。

全3件中 1 - 3件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

岸辺の旅 [Blu-ray]はこんな映画です

ツイートする