日本文学100年の名作第1巻1914-1923 夢見る部屋 (新潮文庫)

  • 155人登録
  • 3.68評価
    • (5)
    • (10)
    • (12)
    • (1)
    • (0)
  • 12レビュー
制作 : 池内 紀  松田 哲夫  川本 三郎 
a-daitohさん  未設定  読み終わった 

佐藤春夫、谷崎、江戸川乱歩あたりがよかった。二銭銅貨はどこかカラスの親指を思わせるどんでん返し。あと、稲垣足穂を初めて読んだが、この独特な世界観はすごいなぁ。ギリシャ牧野もそうだが、大正時代ってこういった幻想風味の作品がけっこうあるんだよなぁ

レビュー投稿日
2017年5月19日
読了日
2017年5月19日
本棚登録日
2017年5月19日
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『日本文学100年の名作第1巻1914-1...』のレビューをもっとみる

『日本文学100年の名作第1巻1914-1923 夢見る部屋 (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする