法務技官から刑事に転身という経歴の夏目。加害者の心の中を温かく、時に厳しく、元法務技官の経験さながらの目線でで見守る。怒鳴り落とすより、夏目のような刑事に逮捕されたら犯罪者も深く反省しそうだけど。
続きも読みたい!

2017年11月19日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2017年11月19日]
カテゴリ 薬丸岳

早乙女綾香シリーズだった。
テレビ番組の取材班が事件の真相を探る、という観点が新しいのかな。結構面白かった。

2017年11月16日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2017年11月16日]
カテゴリ 麻見和史

読書状況 読み終わった [2017年11月14日]
カテゴリ 柚木麻子

再読。なんて読んでて辛い話なんだ。そしてやり切れない。

少年法っていったい誰を守ってるのか。更生の必要なんてない加害者だっているでしょう。カイジのように。誰もが長峰の敵討ちを待ってる。警察すらも。正しい殺人だってあるのでは。

上野のシーンからはページをめくる手が止まらなかった。が、終わりはあっけなかった。むなしさだけが残る。

2017年11月13日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2017年11月13日]
カテゴリ 東野圭吾

小池真理子のホラー好きなのね。本作は今までのゾクゾクした神経を逆撫でされるような恐怖というよりは、輪郭のはっきりしないぼんやりとした、ファンタジーに近い話が多かった気がする。

2017年11月8日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2017年11月8日]
カテゴリ 小池真理子

がん治療のためにプロジェクトが立ち上がる。G4って。
自分や近しい人が患ったことがないので、自分だったらどうするか?という視点で読んでた。治療はすべきか否か。がんで亡くなる人をたくさん見送っている看護師の友達は、治療せず限りある余命を楽しんだほうが幸せそうと言ってた。
手術も放射線治療も抗がん剤も免疫療法も、無駄なのかな。治療より予防できればいいのに。

2017年11月8日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2017年11月8日]
カテゴリ 久坂部羊

がんの話。レビューは下巻で。

2017年11月6日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2017年11月6日]
カテゴリ 久坂部羊

新シリーズだった。結構面白い。里中のキャラ設定が謎だったが、なぜポケットがパンパンなのか分かると、彼女の一生懸命さが伝わってきた。なかなか良いではないか。
続編もあるようなので読みたい。

2017年11月2日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2017年11月2日]
カテゴリ 麻見和史

久しぶりのST!!嬉しいな♪
相変わらずのプロフェッショナルぶりが気持ちいい。青山大活躍!あれ、山吹さん存在薄っ笑。

続編期待。

2017年10月30日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2017年10月30日]
カテゴリ 今野敏

普通の高校生がこんな裏の世界で生きていかなきゃいけないなんて、とても切ない話だ。実際はどうなのか知らないが、あまり知りたくない話。

2017年10月27日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2017年10月27日]
カテゴリ 吉田修一

やっぱり弁護士の話とか好きっぽい。結構面白かった。どんでん返しのどんでん返し!
もうちょっと裁判シーンが多くてもよかったな。続編も読むぞ。

2017年10月25日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2017年10月25日]
カテゴリ 中山七里

確かにドラマの半沢直樹は面白かったし話題にもなった。でもそれまで「オレバブ」シリーズはそこまで評価が高くなかったはず。ドラマ効果としか思えない。上げすぎ。。

本作も読む前から評価が高くて期待してたけど、んー、銀行の話はもうお腹いっぱいかな。

2017年10月24日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2017年10月24日]
カテゴリ 池井戸潤

なんだこれ。捻くれてる。

2017年10月19日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2017年10月19日]
カテゴリ 百田尚樹

著者の作品が大好きで、文庫化されているものは全部読んだ。これもとても楽しみにしていたら、なんと、今までとは全く違う毛色のハードボイルド小説だった。女性が書いたとは思えない文章。カッコいい。

映画化するんだ。

2017年10月18日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2017年10月18日]
カテゴリ 柚月裕子

もう第6弾か。
5作目で駅ナカ店舗の店長に奮起した彩加が、今度は閉店という問題に直面する。本屋さんって、小さい頃から働いてみたかったし、このシリーズを読んで書店員さんにより一層尊敬し憧れを抱いているのだけど、実店舗が閉店していく現代の問題は避けられないのかな。
でも助けてくれるのはやっぱり人なんだな。彩加と関わる登場人物がとても温かい。

1冊目からの登場人物もちらほら出てきて、楽しい。
まだ続くかな?

2017年10月13日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2017年10月13日]
カテゴリ 碧野圭

ドラマを見たのでなんとなく原作を読んでみたのだけど、、、。結果、なんだったの?という気持ちが強い。未芙由、働きなさいよ、バイトではなく。考えが甘すぎ。

2017年10月11日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2017年10月11日]
カテゴリ 乃南アサ

なんでこのシリーズ読んでるのかわからなくなって来た。本作はピアノだったのでまだ理解ができた方。音楽を文章で表すのは難しい。

2017年10月6日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2017年10月6日]
カテゴリ 中山七里

以前小池真理子がホラー作家だったころの作品も大好きだった。これもそう。
文章が美しく、丁寧で甘美。なのに人の心をほんの少しぞくっとさせる感じがほどよく怖い。本作は怖いだけでなく不思議な感じもする。また過去のホラー作品を読み返したくなった。

2017年10月4日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2017年10月4日]
カテゴリ 小池真理子

読書状況 読み終わった [2017年10月3日]
カテゴリ 松岡圭祐

名前は知っていたけども、この作家さんの作品は初めて。

好みかそうでないかと言ったら後者なのだけど、薄気味悪い後味の作品ばかりで、しかもどれもタイプが異なる短編集で、多才な人なんだなという印象。でも今後ほかの作品を読もうとまでは、、。ごめんなさい。

2017年9月28日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2017年9月28日]
カテゴリ 米澤穂信

久しぶりの姫川シリーズ!でも短編集でした。
相変わらずカッコいいのだけど、長編でがっつり堪能したかったなあ。。ジウとのコラボは出てるみたいだけど、もう新刊は出ないのかなあ。

2017年9月26日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2017年9月26日]
カテゴリ 誉田哲也

オケ曲はあんまり知らないので、どうしても描写が「?」になってしまう。せめてラフマニノフを聴いてから読むべきだったのかもね。

そこまで中山七里ファンではないのだけど、音楽以外の表現方法に多々突っ込みを入れたくなるのは否めない。。

2017年9月22日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2017年9月22日]
カテゴリ 中山七里

戸籍のない少女の出生の秘密。そして成長。全体的な薄暗い感じは桐野夏生おなじみの世界観。

2017年9月20日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2017年9月20日]
カテゴリ 桐野夏生

この本の登場人物は実在するのではないかと疑うくらい、個々のキャラが際立ってるし、描写が細かい。すごい想像力。しかも男が書いたっていうのが笑える。世間のOLってこういう風に映ってるのかなー。

3出ればいいのに。

2017年9月18日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2017年9月18日]
カテゴリ バカリズム

バカリズムの感性が好きなのだけど、これも面白いな〜〜。ドラマも見ていたので、どうしても主役のOLはバカリズムなんだけど、見てきたのか!?というくらい銀行OLの日常がゆる〜く描かれていて、それもリアルで面白い。

ブログなので通常の小説と逆で左綴じなので若干読みづらい気が。

2017年9月15日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2017年9月15日]
カテゴリ バカリズム
ツイートする