This is London (This is . . .)

著者 :
  • Universe
3.90
  • (17)
  • (9)
  • (22)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 72
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・洋書 (64ページ)
  • / ISBN・EAN: 9780789310620

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 1959 チェコスロヴァキアのアーティスト。
    Miroslav Sasek(1916-1980)

    Alex Brychtaが3歳の頃に出版された絵本。Alexも読んだのかな。カレル・チャペックがアニメーションを作っていたのはいつ頃なんだろう。

    仲の良い親戚のおじさんに、ロンドン観光のお話をしてもらっている気分になれる絵本。

  • おなじみのダブルデッカーやビッグベン、いろいろな観光地が描かれています。
    町並みや人々が楽しく描かれているのは写真がたくさん載ったトラベルガイドと違った味わいでとっても素敵♪
    オリジナルはずいぶん前に出版された本ですので(これは復刻されているのです。)情報は古いですが、今との違いを感じながら眺めるものまた一興。

  • ロンドンに行きたくなる1冊です。

  • このシリーズかわいい
    パリのとセットで欲しい。

  • レトロでキュート。

  • 長年絶版になっていた児童文学の名作の、復刻版。
    英語版です。
    とっても鮮やかなイラストで元気がでます。
    超おすすめ!

  • 部屋に飾っておきたい。

    若干街の描写が今とは違うけど、
    それでもロンドン。

  • サセックの"This is"シリーズ。パリ、ニューヨークに続き、3冊目をゲットしました。もうどのページもかわいらしくって大好き!

  • This is〜シリーズ。欲しいのが沢山…。

  • 祝復刊。ロンドンの、ちょっと前の町並みがこの中にある。今も変わらない所(ウエストミンスター寺院、セントポール大聖堂、町を走る2階建てバスとブラックキャブ、明るすぎない空と建物の色、いろいろな人種が、それぞれの民族の衣装を着て歩く姿、等々)も、変わってしまったところ(フリートstの新聞街、シティを闊歩する紳士の服装、緑色の郊外行きバス、地下鉄車両の木の床、スコットランドヤードの場所、グリニッジ天文台は既にないこと、一番大きいデパートがリバティだったこと、等々)も、全部ひっくるめて「これぞロンドン」と納得できる1冊。本文の最後に、「現在のロンドン」と、描かれた時代からみて大きく変わった点を箇条書きにしてフォローしているのも素晴らしい。英国好き・ロンドン好きな方には是非持っていて、折に触れて眺めてほしい本。こちらはUS版。

全10件中 1 - 10件を表示

This is London (This is . . .)のその他の作品

This is London 2018 Wall Calendar カレンダー This is London 2018 Wall Calendar Miroslav Sasek
1-B0000CKEKBの詳細を見る 1-B0000CKEKB Miroslav Sasek
This is London ハードカバー This is London Miroslav Sasek

Miroslav Sasekの作品

ツイートする