新着レビュー

ブクログで話題になっているレビューです。長文のレビュー、熱い感想を読んで好みの本に出会いましょう!

新着レビュー一覧

マイホーム山谷

マイホーム山谷

末並俊司 2022年4月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

序章 山谷と介護と山本さん
第1章 よそ者たちの集まる街
第2章 「きぼうのいえ」ができるまで
第3章 壊した壁と壊れた心
第4章 「山谷システム」は理想か幻想か
第5章 山谷のマザー・テレサの告白
終章 マイホーム山谷

0
日本語を、取り戻す。

日本語を、取り戻す。

小田嶋隆 2020年9月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

RIP

0
子どもをのばすアドラーの言葉 子育ての勇気

子どもをのばすアドラーの言葉 子育ての勇気

岸見一郎 2016年10月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

「嫌われる勇気」の著者が子育てを語る一冊。評価が Amazon とブクログで割れていますがわたしはブクログよりで、思ったほどアドラーの言葉が出てこなかったという印象です。また著者は教育者や保育の専門家ではないので具体的な声掛け方法はそんなにでてきません。声がけが知りたい方は島村華子さんの本がオススメです。正直内容もかぶるところが多いです(わたしの本棚に入っています)

●子供は親がコントロールするものではない
これは多くの親にとって理解と覚悟が必要なこと。親がコントロールできないからこそ子どもは親の思い通りに育たない。子供が生まれた時に「こんな風になってほしい」と希望を持って名前をつけましたが勉強するかやどう行動するか親が完全に誘導することはできないのです。全てがうまくいって素晴らしい大学に入れたとしても子どもが幸せな人生を歩めるか約束できないということは自分の周りを見ても思い当たる節があるのではないでしょうか。

●怒ったりほめたりして子供を動かすと自分から動ける人間ではなくなる
それは親の注目を集めたり褒められるためにしか行動しなくなるからとのこと。しかしそれ以外の方法で忍耐強く子供の気持ちが落ち着くのを待つというのは親からしたら本当にストレスだと思います。親からしたら「修行」という言葉がぴったりです。子育ての難しさに逃げたくなる人が出るのも理解でき、周囲のサポートが絶対に必要だと再認識させられました。

●具体的な声掛けが知りたい方は合わないかも
本書では具体的な声がけの例はでてきません。そのためぼんやりした印象を持ちました。もしかしたら抽象的な表現の理解が得意だといわれる男性なら腑に落ちるかもしれません。子どもと関わる時間が長い方は具体的な声掛け方法が知りたいと思います。なぜなら、今すぐに子の問題に対応したいから。その意味ではちょっと消化不良でした。

0
ちょろくてかわいい君が好き(2) (KC デザート)

ちょろくてかわいい君が好き(2) (KC デザート)

八田あかり マンガ 2022年2月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

3版だった。思った以上に売れててうれしい!
巣鷹くんが強面てだけで周りから怖がられて誤解されて切ないー。でも顔がありえないくらい綺麗よね。2人は付き合ってるけどいい意味で恋人感がなくて推しとオタクみたいに思えちゃう。でも巣鷹くんいないところで巣鷹くんの好きなところを笑顔で言うヒロインかわいかったな。次回は隣の席スタート編?

0
【2022年・第20回「このミステリーがすごい! 大賞」大賞受賞作】特許やぶりの女王 弁理士・大鳳未来 (『このミス』大賞シリーズ)

【2022年・第20回「このミステリーがすごい! 大賞」大賞受賞作】特許やぶりの女王 弁理士・大鳳未来 (『このミス』大賞シリーズ)

南原詠 2022年1月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

主人公の弁理士・大鳳未来のキャラ設定が自分的には今一つかなと思ったのと、装丁絵がエンタメ過ぎるのが気になるが、それ以外は文句無しの傑作。「このミス」大賞も納得(これがミステリーの範疇か、とは思うが)。「元彼の遺言状」に続き2年連続のリーガルサスペンスに特異な女性キャラといのも時代の要請なのかしら。読後に選評も読んだが、多分出版にあわせて特許関連部分を理解しやすいように随分加筆修正したんだろうなと思わせた。お陰で随分読み易くなっており、Vtuberと先端技術と特許の融合が違和感なく受容でき、特許をプロットとして使う醍醐味も味わえた。ということはやはりミステリー小説になるな。エンジニア経験ある弁理士作家さんらしいので次回作も特許絡みになるのかもしれないが、キャラに頼らない正統派の特許小説も読んでみたいものだ。

0
おそうじ隊長 (わんぱく小学校シリーズ)

おそうじ隊長 (わんぱく小学校シリーズ)

1年生の息子もちょうど6年生との縦割り清掃が始まったところだったのでタイムリー。
お兄さんお姉さんと一緒だから番長たちもおとなしく…かと思えば、そんなの関係ねーとばかりに掃除をサボってクラスの女子からブーイングwおそうじ隊長のたかふみを筆頭にしたおそうじ隊の結成も大騒動の予感しかしないw
相変わらず1年2組の担任の先生の影が薄いのが気がかりだが、今回番長たちをビシッと諭してくれるのは6年生。彼らの落ち着きぶりと心の広さが輝いている!番長たちも息子もどんな6年生のお兄さんになるのか楽しみになるなぁ。

0
英国屋敷の二通の遺書 (創元推理文庫 M ラ 12-1)

英国屋敷の二通の遺書 (創元推理文庫 M ラ 12-1)

R・V・ラーム 2022年3月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

2022/07/01読了

0
ベルセルク (30) (ヤングアニマルコミックス)

ベルセルク (30) (ヤングアニマルコミックス)

三浦建太郎 マンガ 2006年3月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

昔を
それも
若い頃だけではなく
小さい頃を知られている相手がいるのは
立つ瀬がないものな気がします。
確かにあった時間だし
あの時間が今の自分を作ってくれているんだけど、
思い出したくはない時間

0
特装版 ピンクハートジャム (ホーム社書籍扱コミックス)

特装版 ピンクハートジャム (ホーム社書籍扱コミックス)

しっけ マンガ 2022年6月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

ちょーー好きだった。連載時から話題で度々単話買いしようとしたけど我慢してここまで楽しみ取っておいてよかった。しっけ先生天才すぎ、腐女子というか人間の心を鷲掴みしすぎ。
サークル内恋愛で後輩×先輩。攻めは受けにあこがれててそして好き。受けもまた攻めをすき。ヘタレ攻め感バリバリだったのに実は人間たらしで気遣いできて立ち回りよくて爽やかでキラキラしてて全人類からモテる完璧な攻めだったていうところにやられた。しかもちゃんとしっかり筋肉ついててボーカルで歌上手いのも圧倒的に多い主人公すぎる。そんな攻めに恋い焦がれちゃう健気なセンパイがめちゃくちゃめちゃくちゃ可愛い。合宿で嫉妬感とか独占欲とかも最高だった。先輩の卒業ステージの衣装も綺麗で細やかなところまで大好き。しっけ先生への愛が溢れすぎて止まらん

0
アルケミスト 夢を旅した少年 (角川文庫)

アルケミスト 夢を旅した少年 (角川文庫)

パウロ・コエーリョ 電子書籍 2013年6月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

アルケミスト 夢を旅した少年


本書で得た学びを簡潔に言うと、
内省の機会を定期的に持とう。
それが「人生においてなすべきこと」に気付くことにつながる。
である。

こう表現するといかにも陳腐だが笑、正直この本は今の私にはあまり刺さらなかったので、多少学びが得られただけでも良いとしよう。

ー-----------------------------



羊使いのサンチャゴが、彼を待つ宝が隠されているという夢を信じ、アフリカの砂漠を越えピラミッドを目指す物語。

星の王子さまに並び称されるほど有名な作品らしい。


この本では、繰り返し「運命」という言葉が出てくる。

人間の意志をこえて、人間に幸福や不幸を与える力のこと。あるいは、そうした力によってやってくる幸福や不幸、それの巡り合わせのこと[1]。
人生は天の命によって定められているとする思想に基づいて考えられている、人の意思をこえて身の上に起きる禍福[2]。
将来のなりゆき[2]。 wikipediaより
本書における意味は、「人生においてなすべきこと」みたいな感じだろうか。
「夢」という言葉も、近い意味で使われているような気もする。


本書の後半で、サンチャゴが自分の心と対話するシーンがある。
対話前に、錬金術師がサンチャゴにアドバイスする。

おまえの心に耳を傾けるのだ。心はすべてを知っている。それは大いなる魂から来て、いつか、そこへ戻ってゆくものだからだ 122p


おまえの心があるところが、おまえが宝物を見つける場所だからだ 123p


おまえは自分の心から、決して逃げることはできない。だから、心が言わねばならないことを聞いた方がいい。そうすれば、不意の反逆を恐れずにすむ 124p

心の声を聴くことが、自分の運命に気付くことにつながると。
このあたりの考え方は、禅やマインドフルネスにも通じるように思った。

ー-----------------------------

雑感:
ACIDMANのアルケミストは、本書を題材にして作った歌らしい。
読んでいる最中、何度もリフレインしていた。

0
今、恋をしています。 7 (マーガレットコミックス)

今、恋をしています。 7 (マーガレットコミックス)

八田鮎子 マンガ 2022年6月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

園村ちんのいとこが教育実習生としてやって来て二人の間には全く恋愛感情はないのに野田きゅんが独占欲と嫉妬爆発してんのすこだった〜〜
それになかなか気づかなかったりする園村は恋愛慣れてない感バリバリだけどそこがいいよね。無事ちゃんとくっついて良かった。主人公さとみよりも園村の方が八田先生の描くヒロインっぽい。

0
女は、髪と、生きていく

女は、髪と、生きていく

佐藤友美 2019年11月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

外見と自己イメージを合わせていく、というところでなるほどと思った。

0
女性を美しく見せる「錯覚」の魔法 (文春新書)

女性を美しく見せる「錯覚」の魔法 (文春新書)

テート小畠利子 2020年6月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

あまり文章にこだわらない人なんだろうなと思った。大味な本だった。

0
地上で最も巨大な死骸

地上で最も巨大な死骸

飯塚朝美 2010年2月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

著者、飯塚朝美さん、どのような方かというと、ウィキペディアにはには次のように書かれています。

飯塚 朝美(いいづか あさみ、1983年5月 - )は、日本の小説家。千葉県出身。千葉県立千葉南高等学校、日本大学芸術学部文芸学科卒業。

で、本作の内容は、次のとおり。(コピペです)

「君が本当に優れた象使いならば、いつか最愛の象に殺される日が来るだろう」奇妙な予言に導かれるかのように、動物園の飼育係をつとめる僕は、美しい象バジュラに魅かれていく…。光を拒絶し遮光カーテンの闇の中で生きる兄と、舞台照明家を志す弟の葛藤を描く新潮新人賞受賞作「クロスフェーダーの曖昧な光」を併録。

1
むらさきのスカートの女 (朝日文庫)

むらさきのスカートの女 (朝日文庫)

今村夏子 2022年6月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

むらさきのスカートの女を観察する〈わたし〉視点で読み進めることで、読者が知らず知らずのうちに〈わたし〉を一番観察する者にさせられていく新感覚の読書体験だった
自分も知らぬうちに観察されているのでは、と考えたら悍ましい

0
全1000件中 1 - 15件を表示