アインシュタインのパラドックス――EPR問題とベルの定理

制作 : 和田 純夫 
  • 岩波書店
3.75
  • (1)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 27
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000050128

作品紹介・あらすじ

アインシュタインは量子論が不完全なものと考え、それを示すべく執筆した論文においてEPR問題を提起した。しかし、皮肉にも彼の支持者だったベルが証明した定理により、アインシュタインの説は否定され、論文は忘れ去られた。ところが量子情報理論の発展でEPR問題は息を吹き返す!量子論の発展に尽くした人々の論争と、その物理学的な意味をも詳しく描く好著。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 資料ID:21401172
    請求記号:421.3||W
    配架場所:普通図書室

全1件中 1 - 1件を表示
ツイートする