IT2001―なにが問題か

制作 : 村井 純 
  • 岩波書店
3.20
  • (1)
  • (0)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 11
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (475ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000098496

作品紹介・あらすじ

いま社会を根底から変えようとしているIT革命-なにが問題で、どう解決できるのか。インフラ、教育、電子商取引、メディア、市民生活などに即して多面的に取り上げ、第一線で活躍する執筆陣で徹底検証する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 村井純先生は、この時点においても、自分しか理解できない言葉を並べる方だったのね。
    立場が立場だから、人に理解してもらうことに傾注しなくてもやっていけたわけだ。
    しかしながら、商業出版物で、これは いいことじゃないよね。
    みんな理解したくて買ってくれて、そこから原稿料や印税がでてるのに、その人たちに自分語を並べていいと思ってんのかな。
    村井純先生のなにが問題か、が いちばんよくわかった本だった。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

林 紘一郎(はやし こういちろう)
1963年東京大学法学部卒。日本電信電話公社入社。NTT民営化後、常務理事NTTアメリカ社長などを経て、97年慶應義塾大学教授、2004年以降情報セキュリティ大学院大学教授(この間2009年~2012年同学長)。1991年経済学博士(京都大学)取得、2004年法学博士(慶應義塾大学)取得。主な著書:『ネットワーキングの経済学』(NTT出版、1989年。第6回テレコム社会科学賞。湯川抗・田川義博氏と共著で第3版(2006年))、『情報メディア法』(東大出版会、2005年。電気通信普及財団特別賞)、『引用する極意 引用される極意』(名和小太郎氏と共著、勁草書房、2009年)、『セキュリティ経営』(田川義博・淺井達雄両氏と共著、勁草書房、2011年)。

「2017年 『情報法のリーガル・マインド』 で使われていた紹介文から引用しています。」

林紘一郎の作品

IT2001―なにが問題かを本棚に登録しているひと

ツイートする