言葉にこだわるイギリス社会

制作 : 高橋 作太郎  野村 恵造 
  • 岩波書店
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 13
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (279ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000228398

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • イギリス人がアクセントを意識するということは英語の社会言語学をやればすぐに分かることだが、この本はその具体的な例が豊富に紹介されている。が、日本人にとってはなかなか馴染みのない人名や事件がずっと連続して出てくるのでやや抵抗を感じる部分があるが、それでも読みやすい。RPの由来やその変遷、社会的背景の知識を得ることができる有益な書である。個人的には「アクセントの印象を左右する三要素」として「理解度」「集中度」「先入観」が挙がっている点が興味深い。有名な方言学者のトラッドギルが、人が他の人のアクセントを聞いて「分からない」というのは本当に話の内容が分からないというわけではなく偏見の表れで、時代が方言による差別を許さないことの裏返しであるといったことも興味深い(これは著者の述べてることじゃないので別の学者の意見をこの本で面白いというのは問題かもしれないが)。日本語の場合はどうなるんだろうか、と井上史雄『日本語の値段』と並行して読むのも面白いかもしれない。

全1件中 1 - 1件を表示

言葉にこだわるイギリス社会を本棚に登録しているひと

ツイートする