原発難民日記――怒りの大地から (岩波ブックレット)

著者 :
  • 岩波書店
3.25
  • (1)
  • (2)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 32
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (80ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784002708256

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • かつてはTBSで報道に携わり、また宇宙飛行士をも経験した著者は3.11当時、福島県滝根町(フクシマ原発から32km)で有機農業に携わっていた。地震による被害は幸いにもそれほどでもなかったようだが、その直後のフクシマ原発の事故によって自宅と農地からの漂流を余儀なくされる。東電、政府、地方自治体、マスコミへの不信は、あまりにも当然のことでありながら、事態は一向に改善されていない。フクシマの問題は福島だけでは終わらないのだ。

  • 3.11の福島原発事故によって難民生活を送らなければならなくなった著者の苦悩を綴った本です。
    この豊かな日本で難民生活を送らなければならなくなった著者やご家族、またその背に見える福島県民や被災した方々のご苦労も感じ取られます。

    どの様な思いで日々を過ごしてらっしゃるのか。
    離れた地に住んでいる私にとっても他人事ではなくなる日が来るかもしれません。

    TVで報道されていること、政府が会見で話していることはウソばかりで、頼りになるのは今まで関係を育んできた友人達だけ。

    日本って、そんな国だったんですよね。。。

  • 請求記号・543.5/Ak  資料ID・310006010

  • 福島でしいたけ農家をしていた宇宙飛行士の秋山さん。あの日から難民生活が始まる。周囲の風景は変らないのに見えない放射能の汚染された。もうこの地でしいたけ栽培はできない。自然に囲まれ農業を営む行為が否定されたのだ。もう言葉もないが秋山さんは「農のある暮らし」に再挑戦する構えだ。

  • 011

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

京都造形芸術大学芸術学部教授、日本人初の宇宙飛行士

「2017年 『〝もう一つの文明〟を構想する人々と語る日本の未来 自然と共に生きる豊かな社会』 で使われていた紹介文から引用しています。」

秋山豊寛の作品

ツイートする