内乱――パルサリア(上) (岩波文庫)

制作 : 大西 英文 
  • 岩波書店
4.00
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 19
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (368ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003212615

作品紹介・あらすじ

ローマ帝政初期"白銀時代"の詩人ルーカーヌス(39‐65)は、皇帝ネロの不興を買い、若くして自決を命じられた。『内乱(パルサリア)』は、前1世紀半ばのローマの内乱に取材した歴史叙事詩の雄編である。アイロニーとパラドックスに満ちた、燃えるように激しいパトスあふれる筆致で、ローマの内乱を描く。本邦初訳。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 上カバーより:ローマ帝政初期(白銀時代)の詩人ルーカーヌス(39-65)は、皇帝ネロの不興を買い、若くして自決を命じられた。『内乱(パルサリア)』は、全1世紀半ばのローマの内乱に取材した歴史叙事詩の雄編である。アイロニーとパラドックスあふれる筆致で、ローマの内乱を描く。本邦初訳。(全2冊)
    原題:De Bello Civili(Pharsalia)
    パルサリアはギリシャ、テッサリアの一地域の名称。決戦の場所。

  • 岩波文庫 080/I
    資料ID 2012200402

全2件中 1 - 2件を表示

ルーカーヌスの作品

ツイートする