現代のヒューマニズム (岩波新書 青版 420)

著者 : 務台理作
  • 岩波書店 (1961年6月24日発売)
3.33
  • (0)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • 17人登録
  • 3レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (190ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004120124

現代のヒューマニズム (岩波新書 青版 420)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 著者は、近代以降の思想史に登場したヒューマニズムを、三つに分けています。一つは、ルネサンス期の人文主義的なヒューマニズム、もう一つは、近代の個人主義的ヒューマニズム、そして著者がみずからの立場とするのが、現代における第三のヒューマニズムです。第三のヒューマニズムは、マルクス主義や実存思想の成果を踏まえたうえで、現代社会で抑圧と疎外に苦しんでいる労働者の解放をめざすものとされています。

    現代のヒューマニズムの理想を示したにとどまっていて、あまり具体的な中身が見えてこないように感じました。

  • 『ぼくらの頭脳の鍛え方』
    書斎の本棚から百冊(佐藤優選)24
    宗教・哲学についての知識で、人間の本質を探究する
    ヒューマニズムと啓蒙主義が表裏一体の関係にあることがよくわかる。

  • [ 内容 ]
    ヒューマニズムは、すでに光を失った過去の思想にすぎないのだろうか。
    破綻したのは個人主義的ヒューマニズムにすぎず、人間疎外が極点に達している現代こそ、人間性回復の転機をふくむものであると著者は主張する。
    ヒューマニズム思想を歴史的にたどりつつ、現代社会におけるヒューマニズムの意義とあるべき姿を説く。

    [ 目次 ]


    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

全3件中 1 - 3件を表示

務台理作の作品

現代のヒューマニズム (岩波新書 青版 420)はこんな本です

ツイートする