1960年5月19日 (岩波新書 青版 395)

制作 : 日高 六郎 
  • 岩波書店
4.00
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 19
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (204ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004150268

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  
    ── 日高 六郎《1960年5月19日 196010‥ 199412‥ 岩波新書》
    http://booklog.jp/users/awalibrary/archives/1/4004150264
     
     日高 六郎 社会学評論 19170111 青島 京都 20180607 101 /八郎の兄
    /「行動する学者」としてベトナム反戦、水俣病問題に取り組み、戦後
    の平和運動をリードしてきた。
    https://twilog.org/awalibrary/search?word=%E6%97%A5%E9%AB%98%20%E5%85%AD%E9%83%8E&ao=a
     
    http://blog.goo.ne.jp/hosakanobuto/e/eef5d8b75d7851c9c49bc06128bee92c
     20070318 保坂 展人のどこどこ日記
    http://www.enpitu.ne.jp/usr8/bin/search?idst=87518&key=%C6%FC%B9%E2+%CF%BB%CF%BA
     
     日高 八郎 英文学翻訳 19200610 青島 東京 19970110 76 /東京大学教授
    /東海大学教授~《大いなる遺産》
    http://booklog.jp/search?page=1&service_id=1&keyword=%E6%97%A5%E9%AB%98%E5%85%AB%E9%83%8E&index=All
     
    (20150206)(20180607)
     

  • (1969.07.17読了)(1969.07.03購入)
    *解説目録より*
    5月19日の新安保条約強行採決を契機として、自発的な民衆が、日本の地平線に姿を現した。一ヵ月余に及ぶ彼らの大衆行動は、国内のみならず、世界政治のコースにも明白な影響を与えた。平和と民主主義を求めるこの大衆運動を、記録として定着し、その意味をくみとることに、今後の運動のまた日本社会の進路がかけられている。この国の未来を語る者は、立場の如何を問わずこの運動の実状と意味を冷静に検討する必要があるだろう。

    ☆関連図書(既読)
    「条約改正」井上清著、岩波新書、1955.05.20
    「条約と国民」石本泰雄著、岩波新書、1960.03.17
    「回想の日本外交」西春彦著、岩波新書、1965.02.20
    「日本の外交」入江昭著、中公新書、1966..

全2件中 1 - 2件を表示
ツイートする