国際連合―その光と影 (岩波新書 黄版 323)

著者 :
  • 岩波書店
3.33
  • (1)
  • (1)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 29
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004203230

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • [ 内容 ]
    創立四〇周年を迎えた国連-それは人類の平和と福祉のために何をなしえているか。
    米英等からの批判の中、活路をどう切り拓こうとしているのか。
    一九五七年に最初の日本人職員として本部に入って以来、国家間の対決と協調のドラマに誠実にかかわり、いま事務次長の要職にある著者が、体験をまじえながら国連の昨日・今日・明日を語る。

    [ 目次 ]
    1 国連の四〇年と日本
    2 サンフランシスコへの道
    3 国連の発足と冷たい戦争(一九四六-一九五五)
    4 変貌する国連(一九五五-一九六四)
    5 国連の試練と復活(一九六四-一九七五)
    6 苦悩する国連(一九七五-一九八五)
    7 「人類の議会」としての国連
    8 平和な世界をめざして
    9 人類の福祉のために
    10 国連事務総長-ふしぎな宰相
    11 国連官僚-「中立人」は可能か

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 明石康氏による著作でも一番有名なものであろう一冊。国際連合での自身の経験をベースにし、国際連合の可能性と現実の部分、つまり安保組織としての機能不全の部分を彼なりに分析している。結構昔に読んだので内容はかなり曖昧になっている。

全3件中 1 - 3件を表示

明石康の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
サミュエル・P....
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする