中学生の満州敗戦日記 (岩波ジュニア新書)

著者 : 今井和也
  • 岩波書店 (2008年3月19日発売)
4.00
  • (2)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :15
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・本 (226ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784005005901

中学生の満州敗戦日記 (岩波ジュニア新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ハルビン中学3年生だった筆者は、学徒勤労令により北方の開拓団へと派遣される。
    勤労動員が終わり、帰路につこうとしていたころ、ソ連が満州へ侵攻。その後敗戦をむかえ、筆者は一家で引き揚げをまで生き抜いていかねばならなくなる。
    なんとか無事に引き揚げられた筆者による体験談。多くの悲惨な犠牲者についての本が多い中、中学生の“ある種の明るさ”をもって語られるハナシは読みやすい。
    最終章の「満州は独立国」と主張して国際連盟を脱退したのに、「日ソ中立条約をやぶって満州にソ連が侵攻」とは矛盾、というフレーズが印象的。たしかにその通り!

  • レビュー省略

  • [ 内容 ]
    植民地満州。
    日々の暮らしの中で「おかしいぞ」と感じていたものの正体が、敗戦と同時に、少年の前に怒涛のように姿をあらわしてくる。
    民間人を置き去りにしていち早く逃亡した関東軍、開拓団の人たちの悲惨な逃避行、ソ連軍侵攻による身の危険。
    満州で敗戦を迎えた一中学生は、何を見、どんな思いをもちながら、どう生きたのか。

    [ 目次 ]
    1章 王栄廟開拓団
    2章 「満州国」とハルビン
    3章 ハルビンでの暮らし
    4章 男狩り
    5章 その後の王栄廟開拓団
    6章 街頭露店
    7章 七三一部隊
    8章 パーロが来た
    9章 引き揚げ
    10章 砂上の幻想国家

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 二度とあってはならない戦争。

全5件中 1 - 5件を表示

今井和也の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

中学生の満州敗戦日記 (岩波ジュニア新書)はこんな本です

ツイートする