鬼哭の島

著者 : 江成常夫
  • 朝日新聞出版 (2011年7月7日発売)
4.00
  • (1)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :11
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784023309432

作品紹介・あらすじ

『花嫁のアメリカ』『まぼろし国・満洲』『ヒロシマ万象』につづく日本人への問い!太平洋の島々をたどる鎮魂の旅。

鬼哭の島の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 資料ID: W0163567
    請求記号: 210.75||E 56
    配架場所: 本館1F電動書架A

  • 鬼哭とは浮かばれない亡霊が泣くこと、またその声。
    著者の江成常夫は戦争花嫁や中国残留孤児、満州など、日本の負の遺産を一貫して追ってきた写真家という。
    本書は戦地となった太平洋の15の島々を周り、フィルムに収めた写真集。各島で生き残った戦争体験者の証言も収録されている。

    タイトルの「鬼哭」も英語タイトル("The Islands of Silent Cries")の"Silent Cries"も胸に迫る。
    南の島の青い空、原色の花々は、天国のように美しい。廃墟や遺骨もさることながら、夢の楽園のような写真が逆に戦争の悲惨さを思わせる。
    こんな島がかつては地獄の戦場となり、そして多くの兵士や民間人が命を落としたのか。爆撃や戦火のみならず、飢えや病気で亡くなった人が多かったという。ガダルカナル島などは「飢島」と呼ばれたほど。
    現地の写真と併せると、生き残った人の証言がなお一層重く感じられる。

    写真の持つ力を感じさせる。

    *当時の様子を語る人の話を読むと、つい自分が生き残る側にいるような錯覚を覚えてしまうが、その場にいたらまず間違いなく命を落とす側だったのだろうな、と戦没者の数を見て思う。語られない物語の想像を絶する多さに絶句する。

  • 撮った場所が分かればそれでよかったのだけど……コメントはちょっといらなかった

全3件中 1 - 3件を表示

江成常夫の作品

鬼哭の島はこんな本です

ツイートする