ひとりたび1年生 (メディアファクトリーのコミックエッセイ)

  • KADOKAWA
4.00
  • (9)
  • (15)
  • (9)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 102
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (144ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040664354

作品紹介・あらすじ

道に迷ってオロオロ、人に話しかけられてアワアワ、「150cmライフ。」のたかぎなおこが描く引っ込み思案な人のひとりたびエッセイ。描き下ろし35ページ!旅の写真も満載。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ひとりたびに憧れるものの、なんとなく敷居が高くて友達を羨ましがるばかりというたかぎさん。
    分かります!私もです!
    そんなたかぎさんの「ひとりたびデビュー」のエッセイ。
    いやはや素晴らしいです。
    日光鬼怒川、鎌倉、長野善光寺、花巻温泉、博多、沖縄、京都、三重。
    どの旅もとても楽しそう。
    まだ慣れなくて頑張れなかったところもちょっとあったけど、めきめきレベルアップです。

    花巻温泉宿の貸出システムが私にはとても新しく、こたつ315円に心がときめく。
    沖縄でダイビングも大変そうだけど楽しそう。
    京都で舞妓さん体験に至っては旅を満喫しているとしか言いようがない。(写真まで載っていたのにはびっくり。綺麗!)
    たくさん紹介されているグルメの中で1番美味しそうだったのは赤福氷だった。これは絶対美味しい。食べてみたい!

    巻末には写真がたくさん載っていて嬉しい。
    ひとりたびだと思わないで自分のペースで自分のしたいようにする時間だと考えればもっとふらりと出かけられるかな?

  • 私は一人旅とかよくするしー、とか思って読んだけどけっこうあるあるだった。
    移動はするけど観光はめったにしないからそういう意味では私も一人旅慣れはしてないんだなー。
    とりあえず、福岡ってなんもすることないって思ってネカフェにこもってたけど大宰府まで行けばおもしろい博物館があると知れたので今度行ってみようかな。

  • ひとりで旅をしたら、どんな感じなのか。
    鎌倉、長野、沖縄などなど。
    行ってみたい場所があれば、ガイドブックもどきにも。

    京都の舞妓さんに変身、はやってみたいです。
    が…拘束時間とか、どうなのでしょう?
    一人旅はすべて自分の時間にできるため
    迷子になっても気が楽、という利点が。

  • 時々、いや結構読んでて思うけれどさくらももこの
    エッセイとか彷彿とさせる絵を描くね、このひとは

    おひとり旅の参考にしたく

    他の一人暮らしの本も読んでるー

  • ひとみしりなんて言ってるわりには度胸のある人だよな~すごい。ひとりたびらしき経験はあるけど、1年でこんなに何か所も、というのは無理だったし、うらやましい。善光寺、花巻、博多、伊勢、いいなあ。行きたいなあ。ひとりではもう行くことはないだろうなあ。独身のうちに行っておきたかったわ。鎌倉もゆっくり歩いてみたいな。あと、沖縄料理いっぱい食べたい。私も海ぶどう大好き。今度は石垣島じゃなくて那覇に行きたいわ~などと思いつつ。絵はそんなにかわいくないですが(笑)、どうにか読めたし、まあまあ楽しめたかな~。

  • 【読了メモ】 (150613 14:36) たかぎなおこ 『ひとりたび一年生』/メディアファクトリー/2006 Dec 4th/地元旅もいいなぁ。山口のええとこ、余り知らないし。

  • ひとり旅初心者の著者の、一人旅デビュー記。
    日光鬼怒川、鎌倉、長野善光寺、花巻温泉、博多、沖縄、京都、三重。

    小さい頃、親が県内・近隣の県の色んなところに連れて行ってくれたけど、興味のなかったことはあまり覚えてないし、知らないところも多いだろうし、
    大人になった今、地元ひとり旅してみるのもいいかも。

  • 2014/9/13 読了

全8件中 1 - 8件を表示

プロフィール

1974年生まれ、三重県四日市市出身。
2003年『150cmライフ。』でイラストエッセイデビュー。身近な題材を中心に、多くのイラスト・コミックエッセイを手がけている。ひとりたび、ひとりぐらし、マラソンのシリーズが代表作。『お互い40代婚』といった、自身の日常的な体験を気付き・成長とともに描いた作品も人気。

ひとりたび1年生 (メディアファクトリーのコミックエッセイ)のその他の作品

ひとりたび1年生 単行本 ひとりたび1年生 たかぎなおこ

たかぎなおこの作品

ツイートする