ノーゲーム・ノーライフ4ゲーマー兄妹はリアル恋愛ゲームから逃げ出しました (MF文庫J)

著者 :
  • KADOKAWA/メディアファクトリー
3.90
  • (16)
  • (25)
  • (17)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 299
レビュー : 12
  • Amazon.co.jp ・本 (261ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040664699

作品紹介・あらすじ

ゲームで全てが決まる世界「ディスボード」-魔法や超能力を駆使する数多の敵を相手に連戦を重ね、なおも無敗を貫く最強ゲーマー兄妹『 』、だがそんな二人にもクリア出来たことがないゲームが、実は"二つ"だけあった…。東部連合で優雅な休暇を満喫する二人を訪ねてきたのは、吸血種の少女・プラム。種の危機を救うことになった空と白だが、そのゲーム内容はまさしく二人が未クリアのゲームの一つ、「リアル恋愛ゲーム」だった-青い海を舞台に、咲くか恋の花!今回はラ〜イトに行く、大人気異世界ファンタジーのラ〜〜イトな、第四弾…?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • スナック感覚で読めるので重宝しているシリーズです。
    相変わらず地の文は拙いですが、どの層をターゲットにしているかが明確で効果的だと思います。
    それにしてもエルフ、獣耳、吸血鬼、天翼、そしてここにきての人魚!妄想もここまで昇華させると商業になるのだな~と感心します。
    ストーリーの流れはもはや定型となっていますね。ステフ一人が理解できず泳がされて、終盤でごちゃごちゃとタネ明かし。ただし今回は仲間さえも見抜けなかった策謀があったようで、次巻への良い引きになっていました。

  • この作品に出てくる主要キャラはどこか抜けてて愛らしいアホさがあるけど、吸血鬼に人魚姫はどっちもバカ過ぎじゃね?
    そんなバカ過ぎな相手に行わるゲームは、恋愛シミュレーション。敗北を知らない「  」でも、選択肢が出ないオープンワールドな恋愛シミュレーションとあっては、コミ症な空と白が活躍できるはずがないのは、周知のとおり。
    変りに活躍(?)するのは、初瀬いの。
    男としてはいのの潔さが漂う姿に感服しかねませんが、あれはダメだ(笑)

  • 意外や意外の大長編、この先どうなる?

  •  吸血種、海棲種が登場し、次なる目的に向け『  』(空白)が動き出すシリーズ第4弾。

     今回は溜め回という感じかなあ。新キャラ、種族の設定や状況の説明が中心という印象です。

     新キャラたちのキャラがいずれもなかなか濃いなあ。吸血種のプラムはボクっ娘。海棲種のアミラは思いっきモデルのローラさんみたいな喋り方(笑)。登場人物たちのかけあいは相変わらず楽しいです。

     シリーズ読んでいて思いましたが、コミカルとシリアスの温度差がすごいのも、またこの作品の特徴だな、と思いました。ビーチだとか、恋愛ゲームだとかでワイワイ、ガヤガヤくだらないことをしていたと思ったら、後半は怒涛の伏線回収。フットボールアワーの後藤さんの言葉を借りるなら「温度差ありすぎて風邪ひくわ!」です(笑)

     軽い感じを出しつつも、でも一方でやっていることは仁義なき国取り合戦。騙し合いや化かし合いはもちろん、時には他者を切り捨てなければなりません。そうしたことを思い出さされます。

     しかし、そうした常人の発想をさらに斜め上に行く空と白。二人の言葉は本当に読んでいて清々しいです。

     そして、このシリーズは本当に無駄な登場人物がいないなあ、と感心させられます。単に伏線の回収とか、そういう問題じゃなく、著者の榎宮さんが、全キャラの性格や特徴を把握し、それぞれに愛を注ぎ、『  』と同じような気持ちで登場人物たちを見ているのだなあ、と思います。

     次巻の引きもばっちり! シリーズはまだまだ既刊があるので、のんびり読んでいこうと思います。

  • 4巻からはアニメでやっていない話である。今回は海に行くので水着回というラノベの鉄板イベントがある。まあ、話の内容はいつもどおり空白の天才っぷりを目の当たりにするものだった。プラムかわいい。

  • 吸血種、海棲種と新たな種族の登場で人魚攻略編の前編。恋愛ゲームということでとき○モを思い出したのは言うまでもなく。
    心理戦の駆け引きやさまざまな思惑についていけない事も多々あるわけですが(苦笑)、次巻への引きが強烈で続きが気になる。

  • ステフの話は良かったけど、途中まではどうかなーと思ってたなか、なかなか良い感じの次回への引きで、次が楽しみ。

  • 人魚姫攻略の前編に当たるのかな。
    あいかわらずなにかが、んん? ってなるのに、勢いでまあいいやってなって読めてしまう。雰囲気を楽しむ話だからな。
    内容的にはそんなに進んでないのに、なんだかんだで楽しんで読んでしまった。
    それにしてもおっさん。アンタ大した変態漢だよ。褒めてねえけどw

  • 新しい種族が登場してリアル恋愛ゲームに挑戦…と思いきや。
    終盤で予想外の展開。だが、それがいい。すべては伏線ですかそうですか。

    次巻はいよいよ、天翼種とバトル…かな?

    最後にいづなたんのスク水はいいものです。

  • あとがきにライトとか書いてあったけど、全然ライトな内容じゃねえw
    空の無茶っぷりと、ステフのやられっぷりが、相変わらず面白い。自作も楽しみ!

全12件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

ブラジル屈指のカリスマクリエイター(※担当編集談)。共著に『クロックワーク・プラネット』、著・イラストに『ノーゲーム・ノーライフ』(MF文庫J)、イラストに『いつか天魔の黒ウサギ』(富士見ファンタジア文庫)ほか。

「2018年 『クロックワーク・プラネット(9)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ノーゲーム・ノーライフ4ゲーマー兄妹はリアル恋愛ゲームから逃げ出しました (MF文庫J)のその他の作品

榎宮祐の作品

ノーゲーム・ノーライフ4ゲーマー兄妹はリアル恋愛ゲームから逃げ出しました (MF文庫J)に関連するまとめ

ノーゲーム・ノーライフ4ゲーマー兄妹はリアル恋愛ゲームから逃げ出しました (MF文庫J)を本棚に登録しているひと

ツイートする