そうしそうあい (1) (ジーンピクシブシリーズ)

著者 :
  • KADOKAWA/メディアファクトリー
3.80
  • (9)
  • (9)
  • (9)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 146
レビュー : 15
  • Amazon.co.jp ・マンガ (172ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040680576

作品紹介・あらすじ

全く違うふたり、そうしとめぐみはじつは相思相愛。
付き合い始めたふたりの仲が深まるにつれ、なぜか愛情表現はキレッキレになっていき…?
金髪ガチヤンキー×黒髪真面目女子の恋愛は、キュンキュン不可避のほんわか教室ラブ♪
可愛すぎる両想いをお贈りします。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 表紙買いして当たりだった万歳。
    リアル不良とヤンキーは大嫌いだけどフィクションの不良とヤンキーは大好きですありがとうございます。だって良い子なんだもの…!

    真面目っ子と不良の純愛は古今東西みんな好きだべ。
    現実にはまぁ有り得ないからこその優しい世界。

  • 【あらすじ】
    金髪ガチヤンキーそうしと、黒髪真面目女子のめぐみの、かわいすぎる両想いをお送りします☆ 付き合い始めたふたりのキレッキレな愛情表現に、誰もが表情ゆるっゆるになるほんわか教室ラブデイズ♪

    【感想】

  • 高嶺の花で優等生な女子めぐみと、ヤンキーそうしが
    ちょっと変わった切り口でイチャイチャする日常もの。
    付き合いたて、しかもどっちも相手の事しか見えていないというところからのスキスキぶりが圧倒的。

  • pixiv発端のオリジナル漫画。
    大好きな作家さんおすすめから見つけてドハマりしました。
    優等生の女の子と不良の主人公とそのお友達の愛と友情の物語。
    前者達が愛を育み、そして後者、主人公以外の不良がヒロインの番犬に成り下がる姿が自然すぎて笑える。
    表現が基本的にストレートで主人公2人の会話はゲロ甘ですが、それが癖になるし面白くもあります。

  • ヤンキーな男の子と、優等生な女の子の青春漫画。
    結構ある設定なはずなのですが、店舗がよくてかわいい作品。
    甘い感じよりも、笑って読める感じが日常感があって好きです。

  • 一言で言うと日常系ラブコメ。
    堀宮のコマ割り版というか、めぐみちゃんが堀とちかちゃんを足した感じでそうしが宮村と進藤を足した感じ。
    堀宮のテンポの良さもコマ割りの中で表現している点が評価できる。テンポの良いギャグが生きている。その一方でpixiv独特の空気というか、日常系全般に言えるかもしれないけど、躍動感?生きている感はあんまり感じなかった。
    絵もテンションも安定していて、ちょっとした時にさらっと読みやすい。

  • 最初の方は好きだったけれど、話が進むにつれて微妙に…。私としてはお互いが探り合ってる方が好きだったかも。

  • 金髪ヤンキー君と黒髪優等生ちゃん。そしてそのヤンキー友達と橘くん。わかなちゃんは印象薄めかな。優等生めぐみちゃんは意外と積極的でヤンキー君は純な一面も。最近ネットからのコミック化も多くなってきましたね〜

  • りべるむさんのキャラはちょっと変な子が多くて親近感。普通の子、なんてホントはあんまりいないと思う。ちょっと変なトコとか、そんなに人に見せるものでもないし…?

  • もう、ストーリーが最高すぎて吐血しかけた
    前作の『三十路とレディ』は、生理に興奮する男性保健医と、そんな変態が好きでしょうがない女子高校生
    この『そうしそうあい』は、意外にウブな金髪ヤンキーと、清純だけど結構に押しの強い真面目少女
    りべるむ先生は、自分の漫画家としての才能を遺憾なく発揮できる、カップリングを自分でちゃんと把握しているんだな。漫画家が、自分の好きなモノを、全力で描いている作品がつまらない訳がない
    不良と優等生が、男女のお付き合いを始めたら、絶対にこんな感じになるよな、って納得できる、王道よりかは正道って表現したいストーリー運びなので、もしかすると、『三十路とレディ』よりは、こちらの『そうしそうあい』の方が読みやすいかも知れない
    タイトルが内容を、包み隠さず表現しているトコにも好感が持てる
    どの恋愛もそうって訳じゃ無いだろうが、何だかんだで、人間は自分と違うモノを持っている相手、自分には出来ない事が出来る相手に、気が惹かれる。そう言う意味では、学校内での立ち位置が真逆である不良と優等生ってのは、恋人としての相性が結構、いいんだろう
    恋模様だけでなく、男同士の友情、男と女の間に築かれる友情とは少し異なる繋がりも、しっかり描かれているトコも高評価に繋がっている
    この(1)のラストが、これまた、(2)の発売日が待ち遠しくなる、巧い引き方で、りべるむ先生の才能を感じる。やっぱ、このテクニックは持っている漫画家が使うと、効果的
    どの回もキュン死させる気か、と思うほどだが、特に心臓に負担をかけられたのは、書き下ろしだ。もう、どのシーンが良かった、とか挙げられないくらい、萌えすぎて床を転がり回ってしまった
    この台詞を引用に選んだのは、めぐみの可愛さが特に引き出されていると同時に、これ言われたら、リアルに爆発するな、と思ったので。反則だろ、この可愛さは

全15件中 1 - 10件を表示

そうしそうあい (1) (ジーンピクシブシリーズ)のその他の作品

りべるむの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
なかとかくみこ
有効な右矢印 無効な右矢印

そうしそうあい (1) (ジーンピクシブシリーズ)を本棚に登録しているひと

ツイートする