座敷わらしとシェアハウス ―冬来たりなば― (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA/角川書店
2.75
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 26
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (274ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041035658

作品紹介・あらすじ

両親と離れて暮らす高校生の佳乃は、
豆柴のカンタと、座敷わらしの暁星と同居中。
最初は戸惑ったけれど、
今では食いしん坊で癒し系な暁星との暮らしを大切に思っている。
受験が近づき、緊張感も漂い始めたある日、
佳乃は街で、不穏な気配をまとう同学年の宮崎と出会う。
肩に妖鳥を乗せ、百鬼夜行を連れ歩く宮崎。
しかし彼と対峙した暁星が記憶を失って……。
暁星が消える? 
その時佳乃は……。
少し怖くて心ぬくもる青春小説。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 暁星の今後が気になる、どうなっちゃうんだろう・・・。続きが出れば読みたいけれど、でもやっぱり佳乃をはじめ高校生たちのキャラに、いまひとつ魅力を感じないんだよなぁ。

全1件中 1 - 1件を表示

座敷わらしとシェアハウス ―冬来たりなば― (角川文庫)のその他の作品

篠原悠希の作品

ツイートする