一角獣は楽園にまどろむ ~ドラゴンギルド~ (角川ルビー文庫)

著者 : 鴇六連
制作 : 沖 麻実也 
  • KADOKAWA (2017年3月1日発売)
5.00
  • (4)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :17
  • レビュー :1
  • Amazon.co.jp ・本 (290ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041052778

作品紹介

庶子であることを原因に冷遇されて育ったアルカナ帝国第4王子のリシュリーは、幼少期に出会った小さな魔物との再会を夢見てきた。そんな中、突如帝都に現れた黒竜に攫われてしまう。自身を攫った黒竜・ファウストがあの時の魔物だと気づいたリシュリーは再会を喜ぶが、ファウストに「発情した」と迫られ疼いた体を慰め合った。宮殿に戻った後、リシュリーは謎の高熱に倒れ体にとある異変が現れる。その変化を見た皇帝に、ドラゴンギルドへの隔離を命じられてしまい……。

一角獣は楽園にまどろむ ~ドラゴンギルド~ (角川ルビー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 【ドラゴンギルドシリーズ4】雷竜ファウスト×一角獣リシュリー(人間と一角獣のダブル)。うわ〜ん!良かったよ〜!リシュリーの出生の話に滝涙。王の情愛と母の愛情に包まれていて本当に良かった。ファウストがリシュリー命!なのもどんどん自分の意思が芽生えていくのもえがった〜。「おまえは俺のものだ」好きな相手から言われたら殺し文句だね。他の竜カプもたくさん絡んでくるのもシリーズものの醍醐味。新しい卵も見つかったしもっともっとこのシリーズが続きますように★沖さん絵眼福

全1件中 1 - 1件を表示

一角獣は楽園にまどろむ ~ドラゴンギルド~ (角川ルビー文庫)のその他の作品

鴇六連の作品

一角獣は楽園にまどろむ ~ドラゴンギルド~ (角川ルビー文庫)はこんな本です

ツイートする