男をこじらせる前に (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.50
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 13
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041061305

作品紹介・あらすじ

「男の価値」を決めるヒエラルキーは激変した。これからの男性に必要なのは、コミュ力とネットワーク、そしてこころに女性を住まわせること。男は自信を持ち直し、女は男への対処法がわかる必読エッセイ!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1960年生まれ、東京都出身。著述家、日本大学藝術学部文藝学科非常勤講師。著書に、文庫『女ひとり寿司』(幻冬舎)、『女装する女』(新潮社)、『文科系女子という生き方』(大和書房)など。共著に『快楽上等』(上野千鶴子対談集)、『日本人はもうセックスしなくなるのかもしれない』(二村ヒトシ対談集)。

「2017年 『男をこじらせる前に』 で使われていた紹介文から引用しています。」

男をこじらせる前に (角川文庫)のその他の作品

湯山玲子の作品

男をこじらせる前に (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする