どうぶつのこゝろ図鑑

  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
3.72
  • (11)
  • (6)
  • (12)
  • (1)
  • (2)
本棚登録 : 132
感想 : 14
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (189ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041100523

作品紹介・あらすじ

いつもいっしょのキミ。寄り添えば、それで幸せ。H.P.FRANCEやBEAMSとのコラボなどアートワークスが注目される気鋭作家・D(di:)がことばとイラストで紡ぐ、誰かに贈りたくなる、最愛のどうぶつたち"パートナー"の、可愛くて切なくて優しいショートストーリー25本。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 作者のことは初めて知ったけれど、表紙のイラストに惹かれて読んでみることに。
    動物の短編集で優しかったり切なかったり怖かったり…すぐに読めるし、何よりイラストが可愛くて読んでいて楽しくなった。

  • 表紙やイラストに一目惚れしてつい購入。
    予想以上に良かったー!!可愛くてにやけてしまうのもあれば、ちょっと辛いお話もある。
    色々な動物目線で描かれていて、自分も仲間入りした気分になれる。
    イラストが繊細でとにかく魅力的!!

  • 買うか迷って、買って積み本でした。夢の中ならキミはやさしい。を持ってるんですが、それに載ってる話が全部入っていたので。…ねこにつられて買いました。
    けど、買ってよかったです。残酷だけど、やさしくって変な形だけど幸せな感じがいい、と思います。生温かい感じがする。

  • たくさんのどうぶつ達の短編。
    大人向け寓話みたいな。
    どの子達も愛らしくて、小憎らしいです。
    イラストも著者自身が描いている(多摩美出身!)のですが、どれも素敵で眺めてるだけで飽きません。
    図書館で借りた本だけど、手元に残したいからAmazonポチろうかな??

  • 小説や漫画、イラスト、ファッション、デザイン、と多方面で活躍されている著者。こういう方がいらっしゃるんですね~。初めて知りました。
    この本の挿絵よりもホームページのイラストの方が好きだなぁ。お話一つ一つも、うん、うんって感じ。個人的にはマイケルが出てきたので、おおぉってなりました。
    デビュー作である「ファンタスティック・サイレント」も読んでみたい。

    • なおこさん
      nyancomaruさん、コメントありがとうございました。
      確かに、同じ表紙だけどカラーでタイトルが違うものが文庫にありますね…。どうなって...
      nyancomaruさん、コメントありがとうございました。
      確かに、同じ表紙だけどカラーでタイトルが違うものが文庫にありますね…。どうなっているんでしょう??気になる作家さんですね。
      ちなみに、こちらは表紙はモノクロですが、中身はカラーでした。
      2012/09/18
    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「カラーでタイトルが違うものが文庫にありますね」
      D〔di:〕 のサイトに説明がありました。
      先に文庫が出て、それに収録されなかった作品等...
      「カラーでタイトルが違うものが文庫にありますね」
      D〔di:〕 のサイトに説明がありました。
      先に文庫が出て、それに収録されなかった作品等を追加した完全版が、この本だそうです。
      http://deeth.net/
      2012/09/21
    • なおこさん
      nyancomaruさん、ありがとうございました。そうですか、先に文庫が…枠にとらわれない、おもしろい方ですね。
      nyancomaruさん、ありがとうございました。そうですか、先に文庫が…枠にとらわれない、おもしろい方ですね。
      2012/09/26
  • 人間社会を風刺した思いを、人間以外の動物の言葉や思いとして。でもそう思っているのは紛れもない人間という動物。深く頷く事もあるが皮肉が強いと感じる事も。
    絵は繊細でとても綺麗。

  • 作者と、動物の話、ということから手にとった。動物の出てくる大人向けの童話といった感じの短編集。色鉛筆でかかれた絵が多い。
    少し毒も含んだ話で、気に入らない人もいるかも…かく言う私も、ひっかかって好きになれない話もあった。元ネタがわかるともっと面白いと思われる話もいくつかあったが、わからないのも多かった…
    「うさぎよ、かめよ。」「アオと、モモと、ピーばあ」が、琴線に響いて好き。

  • 少しブラックで少しニヒル。
    童話の短編集かと思いきや、どちらかというとイラスト作品集と思えるほど、美しくアンニュイな動物の絵が満載。
    ストーリーは子供より大人向け。

  • 動物がいろいろ出てくる不思議本。宮崎駿監督お墨付きのファンタスティック・サイレントで出版デビューした作家さんらしい。プレゼントに喜ばれるかもね。

  • 誕生日のプレゼントでしたが、しばらく積読でした。
    「もりの小熊さん」から止まらなくなり、一気に読み切ってしまいました。
    いろいろな動物のいろいろな目線からのお話ですが、あっさりと読める割には深い意味が見え隠れしています。
    少しだけ疑問を投げかけられたい時に読むのがお勧めです。

全14件中 1 - 10件を表示

D〔di:〕の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×