アルキメデスの捜査線 学者警部・葵野数則 (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.50
  • (1)
  • (7)
  • (4)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 67
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041116357

作品紹介・あらすじ

新設の精鋭部隊「高度科学犯罪対策班」(通称・科対班)に召集された大村珠緒。彼女の新たな相棒は、容姿端麗だが奇人ぶりで周囲を振り回す天才数学者、葵野数則だった。圧倒的な科学知識で巧妙なトリックを見破る葵野と、人の心への共感力で思いもよらない事実を見抜く珠緒のバディが科対班に舞い込む難事件の真相に迫っていく。そして、珠緒は、葵野の隠された過去に関わる因縁の事件を知ることになり……。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 高度科学犯罪対策班なんて本当はないだろうな。そこに配属された大村珠緒は父親が訳あり警察官だった。同じ課の葵野数則はもと数学の准教授。松浦はコンピューターオタク。異色の刑事たちが難事件を見事に解決していく。葵野は数オタクと言っていい変人?数学頭脳を捜査に鮮やかに生かすし、珠緒や松浦もナイスフォローをする。連続殺人犯をどう追い詰めていくか次巻が楽しみだが、いつ出るかな。

  • 葵野さん、前任者をストレス性胃炎にさせるほどの変人とは思えなかったなあ。
    事前に心づもりができていたからだろうか。

    犯人探しよりトリック解明が面白いミステリだったと思う。
    初手の動く死体トリックが個人的に印象深い。
    トリックは葵野さんが、動機は珠緒が解明していく、お互いがお互いを補い合ういいバディである。
    そして、お互いが身内ないしは大切な人が犯罪に関わりを持っていたりもする。

    事件は面白かったけれど、葵野さんが抱えている過去に纏わる事件に、珠緒に求められた答えなど、宙ぶらりんになった案件もあり、この話だけでは伏線が回収されていないのは気になった。
    最初から続きありきの話なのかな。

  • 三来とのエピソードはほんの少しだったけど、それでも葵野にとっての特別さが際立っていて切ない。
    数学の天才から見える世界が垣間見れたのもおもしろかった。

  • 続く前提なのか宙ぶらりんな部分がいくつか。気になります。うーん……もうちょっと変人を期待していたので物足りないかも。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1992(平成4)年生まれ。三重県津市出身。東京大学大学院工学系研究科修士課程修了。第22回スニーカー大賞・特別賞を受賞し、デビュー。将棋アマチュア二段。

「2022年 『アルキメデスの捜査線 学者警部・葵野数則』 で使われていた紹介文から引用しています。」

中西鼎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×