問題児たちが異世界から来るそうですよ? あら、魔王襲来のお知らせ? (角川スニーカー文庫)

著者 :
制作 : 天之有 
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
4.01
  • (27)
  • (36)
  • (22)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 295
レビュー : 27
  • Amazon.co.jp ・本 (315ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044748487

作品紹介・あらすじ

「打倒!魔王!」を掲げた弱小チーム"ノーネーム"に届いたのは、北の"火龍誕生祭"への招待状。魔王襲来の予言があり、東のフロアマスターである白夜叉から参加を要請されたのだ。「それ、面白そう!」と黒ウサギを置いて北へ向かった問題児たちから「今日中に私達を捕まえられなかったら、3人ともノーネームを脱退するから!」という手紙が!?な、何を言っちゃってるんですかお馬鹿あああ-。どうする黒ウサギ!?-。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 飛鳥ちゃん表紙かわいい
    貸してくれたので読んだ
    でもなんか眠かったのでちょっとナナメ読みになってしまった感が><

    面白いのかつまんないのかわからない・・(でももういいと思ってるから・・)

    ハーメルンな悪魔たちが襲ってくる
    なんかもう悪魔の定義とかなりたちとか、伝説がどうとか伝説の真偽とか(子どもが死んだのが最初でねずみやペストは後付け?とか)
    なにがなんだか(眠くて?)わからない
    ルールとかむずかしい

    飛鳥かわいい

  • あの3人には黙っているように…と通達されていた招待が
    本人達にばれてしまって、参加のために目的地へ!

    脱退する、という恐ろしい脅し手紙を残すのも凄ければ
    25個分の地球距離を追いかけたウサギも凄い。
    最初もそうでしたが、話し合いは大事です。
    とはいえ、それはそれで自力で金を貯めてでも
    参加しそうではありますが…。

    今回は何だかお嬢が良いとこどり、な感じです。
    とはいえ、彼は彼で頭脳派で考えて突き進んでますが。
    それをいうなら、一応リーダーの彼も。
    この話は、男の子は頭脳派に属しているのでしょうか?

    前座の戦いはさくっと動物彼女が終わらせましたが
    そこからが本番…というか、本命?
    あら来ちゃったよ魔王、とも思いましたけれど
    最後の落ちにびっくりです。
    嫌な通過儀礼だな、というのもありますが
    居なくなった姉は、いつか出てくるフラグですか?

    本人達が納得しているならいいですが
    上に立つ彼女は、知っていたのでしょうか?
    この場合、当然知らないわけです、よね?

  • 表紙の深紅のドレスを着た久遠飛鳥が活躍する問題児シリーズ第二巻。とても盛りだくさんの濃密なお話内容で読んだ後にお腹いっぱいになる感じなのに、次の巻が読みたくてしかたがありません。箱庭のゲームである戦い場面以外にもお祭りを楽しむ場面もあったりして楽しく読めました。

  • 978-4-04-474848-7 316P 2011・7・1 初版

  • ★3.5くらい。

  • 誰もが知るグリム童話・・・。でもその内容は、子供の頃に読んだ絵本とは大分印象が違う。原本訳を読んでみると、怖いお話も多く、寂しくなるお話も多い。
    今回のシリーズではそのグリム童話の中のお話が絡んでくる。財閥の令嬢として生まれながらも、孤独と戦いながら強く生きようとする飛鳥の姿は、とても凛々しく、そして素敵だ。

  • 白夜叉の依頼を受け、北の火龍誕生祭へ参加するノーネームの問題児達。
    コミュニティ「サラマンドラ」と共に魔王「黒死班の魔王」と戦うことに。
    メインは飛鳥。しかし、やはり十六夜がチートだ。

    アニメはこの巻までだけど、次巻以降もいずれやってほしい。

  • 気がついたら、アニメが終わってたけど成功してたのだろうか?

    久しぶりに、この作品読みましたが十六夜が強い上に、かなり博識。頭もいいとかホントにチートな主人公だなと。

    飛鳥がメインです話が進んでいましたけど、まぁ可もなく不可もなく。普通かなと、ペストはもうでてこないんでしょうかね?

  • 一巻よりも、(ちょっと込み入り過ぎてる感はあるけど)なかなか読み応えのある展開。

  • 箱庭という世界でコミュニティを救うために召喚された問題児達が色々なゲームをするラノベの第2弾
    今回は、北で行われる火龍誕生祭に魔王襲来の予言があり、それに参加するというもの。

    1巻を読んだ時に広がりそうな世界だけど、世界観についていけなくて2巻を買っていなかったんですが、アニメでその辺を補完して読みました。
    そうするとなんとなくだけど、このラノベの良さがわかった気がします。
    それと色々な引用があるからアニメでは表現しにくい(理解しにくい)謎解き部分はこっちの方でないと理解できない気もします。
    なんとなくアニメとラノベが組み合わさっていい方向へ向いたように思います。

    それにしてもこのラノベに限らず、幼女(小柄な少女などを含む)比率が上がってない?(笑)

全27件中 1 - 10件を表示

プロフィール

第14回スニーカー大賞にて「イグヴェイジョン」で《奨励賞》を受賞。「問題児たちが異世界から来るそうですよ?」でデビュー。

「2018年 『ミリオン・クラウン2』 で使われていた紹介文から引用しています。」

問題児たちが異世界から来るそうですよ? あら、魔王襲来のお知らせ? (角川スニーカー文庫)のその他の作品

竜ノ湖太郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

問題児たちが異世界から来るそうですよ? あら、魔王襲来のお知らせ? (角川スニーカー文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする