シンプルベーシックなMy Styleのつくり方

著者 :
  • KADOKAWA/中経出版
3.50
  • (5)
  • (21)
  • (12)
  • (3)
  • (3)
本棚登録 : 153
レビュー : 21
  • Amazon.co.jp ・本 (127ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046005199

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • これはわかりやすい!40代にはしっくりくる内容だった。先日「服を買うなら捨てなさい」を読んだ際に、自分のスタイルすらわからない私は「⁇⁇」だったけど、こちらの本で基本を理解できたら、地曳さんのおっしゃってることも理解できた。今まで服に関して、着れれば良いと思ってた自分を深く反省…。

  • 「買っても買っても着る服がない」「いままでの服が似合わない」などあなたのおしゃれの悩みに、予約の取れない人気クローゼットオーガナイザーが答えます。もうおしゃれに迷わない、おしゃれの軸をつくる教科書!
    ・・・と銘打たれたオシャレハウツー本。


    全くオシャレと縁遠い私、「なるほど!」と深く感銘を受けまして、早速アマゾンで購入しました。
    アマゾンのレビューでは賛否両論ですが、「否」の方は、もともとオシャレな方っぽいです。
    (「賛」の方はコーデ初心者、「何買い足せばいいかわからない」「なに着ればいいかわからない」人です)

    私は子供時代→独身時代→既婚子なし時代→赤ん坊に振り回され乳飲み子抱えて奔走時代→今、に至るまで、オサレだったことが一度もないので(苦笑)、大変、たいっへん参考になりました。
    (独身時代なんてテイストも考えず、無鉄砲に服を買って、ただ大量に服がある人だったし・・・そしてアラフォーの今、お気に入りで取っといた独身時代の服なんて着れないし・・・大量破棄!泣。)

    ライトベージュ、ライトグレーどちらかでまず基本セット「ニット(夏はハイゲージの薄手ニット、Tシャツ)・パンツ(又はスカート)ストール・靴・バック」を作る。
    余裕があったら黒、白、ネイビーセットを作り、それらは差し色として足していく。
    小物も(ストール等アクセサリー・バッグ・靴)色をセット化して作る。

    ・・・なるほど!!(驚!)
    オシャレな方ってこうしてるのか。
    コーディネイトの基本って、こうして作るのか。と、目からウロコでした。
    そして私、この本を読んで「自分はベージュが似合う」ということに初めて気づきました(カジュアル=色はグレー買ってました、汚れ目立たないし・・・。ちなみにお呼ばれ・フォーマルは黒か紺。無難という理由だけ。)


    ・・・年齢を重ねて黒が似合わなくなってることや、紺をベース色に据えて、「とりあえず紺かグレー買っとけ!」みたいに揃えていくと何だか「いくら服があっても・・」になることに、ようやく気付いた私です。

    勉強になったところに付箋つけてたら大量の付箋がついたので、(図書館で借りてたので)アマゾンで購入しました。

    早速ベージュセット作りましたよ。
    あと、カジュアルなカーキ小物セットも購入。・・あとは少しづつ、この本を参考に(というか、全部真似っこで)買い足して行きたいと思います。

    なんたら雑誌のオシャレページとかみたいに「これとこれがマスト!」とか「今年の流行はコレだから、とりあえずコレ買っとけ!」じゃないところもイイです。



    三尋木さん、というオシャレなスタイリストさん(?アマゾンのレビューをチラリと見たら、この方の名前が出てきた)もいるらしいですが、鈴木尚子さんのこの本を消化しまくって、さらにオサレになりたくなったら(多分ならないと思うけど、私、これで充分デス)借りて読んでみようと思います。

  • 具体的でシンプルでわかりやすいし、取り入れやすいコーディネート術だなと思った。

    1.ベースのセットをつくる(ベージュ、グレイ)
    2.時にはベースカラーである白・黒・紺を追加してみる
    3.靴・バッグ・アクセサリーの小物セットをいくつか作っておき、1,2に合わせる
    4.白シャツ・黒スカートなどの定番のシンプルアイテムと1,2の一部を入れ替えてみる

    ストッキングはランバン
    ネックレスはインパクト
    トレンド(2015)の手首の重ね付けは異素材ミックスで

    でもなあ、いつも思うんだけど、どうしてコーディネートってバッグが必須になるのばかりなのだろう。バッグ持つのは移動の時だけで、日常の大半はバッグを持ち歩かないんだから、バッグを持たないで完成というコーディネートを知りたい。。それに巻き物とかスカーフも紹介はされているけど、最近は実際に身に着けている人を見かけない気がする。意識的にに他人のスカーフ使いを観察してみようかな。

  • まず単色のベースとなるセットを作る。
    ポイントは黒や茶ではなくニュートラルなベージュかグレー。
    (これはパーソナルカラー対応かな)
    トップス、ボトムス、靴、バッグ、ストールの5点。

    次はネイビー、白、黒のセット。
    (単品よりベースと組合せる)

    第二段階は小物をセット化する。
    ベーシックセット(色を揃える)、差し色セット、シチュエーションセット、カラーリンクセット

    コートは3枚あればまずは十分。
    ライナー付きトレンチ、ウールコート、ダウン。

    ヴァンテーヌ的な考えるワードローブ構成。
    教科書的に色数少な目、シンプルで無駄のないワードローブ、労力を少なくお洒落っぽく、
    を作りたい人向きとしては実践的な気がする。
    ベースを作れ、小物をセット化しろって具体的なアドバイスは
    つまんないようでいて、基本だからお洒落に詳しく
    買い物沢山しててもイマイチお洒落にならない人(ワイや)
    にはいいのかもー!

  • 『誰からも「感じがいい」「素敵」と言われる 大人のシンプルベーシック』の前に出た本。読む順番が逆になったが、私にはこの本の方がよりシンプルでわかりやすく感じた。

    得意な色を決めて服はシンプルな上下を組み合わせ、小物やアクセサリーで変化をつける。
    こんなにたくさん靴やバッグを持てるのかな、とは思うが、「セットを作っておく」という提案はこの本でもくわしく説明してあり、試しやすそうだと感じた。

    30代以上の、「何を着たらいいか・何が似合うかわからない」という状態の人にいい本です。

  • シンプルなセオリーでありながら、目からウロコな一冊。着るものに迷った時、衣替えの前に読みたい一冊。

  • グレー、ベージュのベーシックスタイルに小物でアクセント。
    体型別に似合うスタイルを提案しているのも、わかりやすくて良い

  • 全部セットにしておけって盲点。面白い。

  • 2015年2月5日購入。
    2015年2月8日読了。

  • ベージュのセット、白、黒、紺のセット、さし色のゴールド、シルバーのセットなど、セットで揃える。

全21件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

ライフオーガナイザー、クローゼットオーガナイザー。SMART STORAGE!代表。アパレル業界でデザイン、企画、人材育成に携わったのち、専業主婦に。第2子出産後、片づけとパーソナルスタイリングの仕事を開始。その後ライフオーガナイズを学び、SMART STORAGE!を設立、個人宅での片付け収納サービスを行う。また日本初のクローゼットオーガナイザー認定講師として、洋服のパーソナルスタイリングと、クローゼットの整理収納のプロ育成にも力を注いでいる。

「2016年 『誰からも「感じがいい」「素敵」と言われる 大人のシンプルベーシック』 で使われていた紹介文から引用しています。」

シンプルベーシックなMy Styleのつくり方のその他の作品

鈴木尚子の作品

シンプルベーシックなMy Styleのつくり方を本棚に登録しているひと

ツイートする