この英語、どう違う?

  • KADOKAWA (2015年12月10日発売)
3.55
  • (1)
  • (5)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
  • 35人登録
  • 5レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046012142

作品紹介

study と learn
think of と think about
shop と store

なんとなくわかったつもりになっていても、いざ説明しようとするとうまく言えない、
似ている2つの言葉の使い方の違い。

このような言葉には実際どんな違いがあるのか、
「なぜ日本人がこれを間違うのか」
「どんなときにどの言葉を使えばいいのか」
という点をふまえて解説したのが本書です。

著者のルーク・タニクリフさんは日本で翻訳の仕事をしながら
英語学習サイト「英語 with Luke」で英語学習者のための記事を執筆し、
英語に迷う日本人から「役に立った」「わかりやすい!」と熱い支持を集めています。
今回はそうした記事の一部に加筆し、
本書のために書き下ろした原稿も加え、書籍としてまとめました。

さらっと読めるのに、ツボはしっかり押さえてあって
かゆいところに手が届く1冊です。

この英語、どう違う?の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • このグローバル時代、もはや英語からは逃げられないのかと。でもそもそも海外に行ったり色々な人と話したり、というコト自体は好きなので、自分の想いと英語能力のギャップに悩みながら、まぁ少しでも足掻くかと思って読んだ一冊です。
    私事ですが、まさか自分が仕事で英語を使うことになるとは思っておらず、現職ではそこそこ苦労してます。うっかりcall me taxi的な間違い(本著に言及がある訳ではないです)をしてしまわないか、気をつけながらの毎日です。

    結論から言うと、(自分の基礎がなってないだけかもしれませんが)そうだったのか!的な記述も多々あって非常に有用でした。
    序盤の「wish vs. hope」の項では、英文メールでwishを使ってしまって「違うんじゃね?」とボスからご指摘を受けたことを思い出しつつ。。(wishは「実現の可能性がほとんどないこと」に対して使うということで。。なんか語感が良い気がして使っちゃったのですよ。。。)
    日本人として間違いやすい用法に加えて、著者がイギリスとアメリカ両方での在住経験があって、イギリス英語とアメリカ英語の違い(まぁ英語のコミュニケーション自体に悩んでいる者からしたら「へー」というレベルですが)についても言及があって、充実している印象を受けました。

    こういう記憶モノは、一度読み終わって終了というものではないので、手元に置いて定期的に読んでいきたいです。

  • イギリス英語とアメリカ英語の違いが面白かった。

  • 日本人では理解できない微妙なニュアンスの違い、
    またよく間違える単語の使い分けについて、
    英語ネイティブである読者が、詳細に綴った1冊。

    一度で覚えきれるものではないが、
    やはり私自身間違えているものが多々あった。

    書かれた文章も大変平易で分かり易く、
    英語初心者でもよく理解できる良い内容。
    同時に、表紙でイメージされるような軽い本でもない。
    自身の英語力を少しでも高めたい方にお勧め。

  • 配架場所 : 一般図書
    請求記号 : 830@T112@1
    Book ID : 80100471021

    http://keio-opac.lib.keio.ac.jp/F/?func=item-global&doc_library=KEI01&doc_number=002495101&CON_LNG=JPN&

全5件中 1 - 5件を表示

この英語、どう違う?のその他の作品

この英語、どう違う? Kindle版 この英語、どう違う? ルーク・タニクリフ

ルーク・タニクリフの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
伊賀 泰代
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする